Infra Engineer

【独学CCNA】093.音声VLAN
2022.04.30
Lv1

【独学CCNA】093.音声VLAN

本連載では、シスコ技術者認定資格であるCCNA合格を目指して、試験範囲の解説や問題演習などを扱っていきます。
今回は音声VLANについて解説していきます。

  • Cisco IP Phone
  • 音声パケットを優先させたい

Cisco IP Phone

音声VLANについて解説する前に、Ciscoが作っている商品のIP Phoneについて説明します。
IP Phomeとはスイッチと接続することにより、音声通話を可能とするIP電話のための製品です。
この製品にはスイッチと接続するためのポートのほかに、もう一つPCを接続するためのポートを持ちます。これはスイッチのポートを節約するためです。

音声パケットを優先させたい

電話というのはリアルタイム性が重視される通信であるため、スイッチは音声パケットを優先して送出したいです。しかし、上記のIP Phoneを使用した構成ではPCパケット,音声パケットどちらも同一ポートから送られてくるために、ポートによって仕分けすることはできません。
そこでタグ付けの技術を使用してこれを解決します。

VLANでのタグ付けの技術を利用

IP Phoneは音声パケットにはVLANタグをつけ、PCからの通信にはタグをつけないでスイッチに送出します。
このようにVLANのタグ付けの技術を利用して同一ポートの通信をスイッチが仕訳けで切るようにした技術が音声VLANです。

今回は音声VLANについて紹介をしました。

ゼロからのCCNA独学講座 連載目次リンク

ゼロからのCCNA独学講座 連載目次