Developer

【PHP応用】PDO③ クエリの発行
2021.07.31
Lv1

【PHP応用】PDO③ クエリの発行

PDO③

いよいよPDOを使ってプログラムを作成してみます。

■クエリの実行

まずPDOにおけるクエリの実行について説明します。
クエリを実行するにはPDOクラスのqueryメソッドを呼び出し、引数に文字列で定義したSQLを渡します。


■サンプルプログラム

pdo_insert.php

<?php
try {

    // 接続処理
    $dsn = 'mysql:host=localhost;dbname=sample_db';
    $user = 'root';
    $password = '';
    $dbh = new PDO($dsn, $user, $password);

    // INSERT文を発行
    $sql = "INSERT INTO members ( name, age, address ) VALUES ( '田中', '25', '東京' )";
    $dbh->query($sql);

    print '成功しました';

    // 接続切断
    $dbh = null;
} catch (PDOException $e) {
    print $e->getMessage() . "<br/>";
    die();
}

プログラムを実行後、データベースを確認してみるとデータが入っていることが確認できます。


■まとめ

PDOでINSERT文を発行してみましたが、実はまだブラッシュアップの余地があります。
具体的にいうとプリペーアードステートメントというものを使います。
書き方は若干複雑になりますが、処理効率等でメリットがあります。
次回はそのプリペーアードステートメントについて説明していきます!