ルーターの機能とルーティングーダイナミックルーティングーアドミニストレーティブディスタンス


アドミニストレーティブディスタンス

アドミニストレーティブディスタンス(AD)とはルーティングプロトコル間の優先順位を決める値(AD値)の事です。

フローディングスタティックルートの項で出てきた「管理ディスタンス値」とは別名の関係で

アドミニストレーティブディスタンス値=AD値=管理ディスタンス値

となります。

ダイナミックルーティング、スタティックルーティングにはそれぞれデフォルトのAD値があり指定を省略する事が出来ます。

以下は主なルーティングプロトコルのデフォルトAD値となります

 

各種ルーティングプロトコルにおけるAD値の設定方法

 

スタティックルートの場合

 

ダイナミックルーティングの場合

※各種ダイナミックルーティングの特性により設定できる項目が若干異なります

例えばOSPFではエリア毎に異なるAD値を設定するといった事も可能

私見ですがダイナミックルーティングのAD値を手動で変更することはあまり無いかと思います、

AD値を設定する理由はフローティングスタティックルートを設定したい場面がほとんどで

スタティックルートに対するAD値変更だけで事足りる事が多いです。

 

 

例題

フローティングスタティックルートが設定されている場合、プライマリルートに障害が発生したときにバックアップルートが使用されることを保証するアクションはどれですか?

A) バックアップルートがセカンダリになるように、プライマリルートでアドミニストレーティブディスタンスを高くする必要があります。B) default-information originateコマンドは、ルーティングテーブルにインストールするルートに対して設定する必要があります。

C) フローティングスタティックルートは、バックアップとして使用されるように、プライマリルートよりも低いアドミニストレーティブディスタンスを持つ必要があります。

D)フローティングスタティックルートは、バックアップとして使用されるように、プライマリルートよりも高いアドミニストレーティブディスタンスを持つ必要があります。

解答:D

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP