ルーターの機能とルーティングーダイナミックルーティングーダイナミックルーティングプロトコル


ダイナミックルーティングプロトコル

ダイナミックルーティングを実現するにあたっての情報交換や得られた情報から経路を導き出すための決まり事がダイナミックルーティングプロトコルとなります。

そのダイナミックルーティングプロトコルにはRIP、OSPF、EIGRPなどがあります。CCNAの直接の出題範囲はOSPFのみとされていますが他のプロトコルと併用した際の優先順位などで他のプロトコルの知識も必要となるため併せて説明していきます。

ダイナミックルーティングプロトコルは内部ゲートウェイプロトコルとして先程のRIP、OSPF、EIGRPとIGRP。外部ゲートウェイプロトコルとしてBGPの大きく2種類に分けることが出来ます。内部ゲートウェイと外部ゲートウェイの区別はAS内で完結するのかASを跨ぐのかで区別します。

なお、ASとは1つのISP、企業、研究機関などの共有ポリシーによって運営されるネットワークの集合体を差します。

(ダイナミックルーティングプロトコルの分類へつづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP