ファイルとディレクトリの管理~lsコマンド~


今回の内容


今回は、lsコマンドについて解説します。

ls
まとめ
練習問題


ls

ディレクトリやファイルを一覧表示するには、「ls」コマンドを使用します。

lsコマンド
意味 ディレクトリを指定した場合、ディレクトリ内のファイルとサブディレクトリを表示する。
書式 ls [オプション] [ファイル名/ディレクトリ名]
例)
カレントディレクトリ(testディレクトリ)直下のファイルやディレクトリの一覧を表示。
[test@localhost ~]$ ls
art.jpg  readme.txt  sample01


lsには様々なオプションがあります。一部紹介します。

オプション 説明
-l ファイルの詳細な情報(ファイルのモード、リンク数、所有者名、グループ名、サイズ、タイムスタンプ、ファイル名)を表示する。
-a 隠しファイル(「.」から始まるファイル)もあわせて一覧表示する。
-A 隠しファイル(「.」から始まるファイル)も表示するが、「.(カレントディレクトリ)」と「..(親ディレクトリ)」は表示しない。
-F ファイルの種類も表示する。
-t 日付順に表示する。
-d ディレクトリ自身の情報を表示する。

例)-l
ファイルの詳細な一覧を表示。
[test@localhost ~]$ ls -l
total 0
drwxr-xr-x. 2 test test 6 Mar 15 16:11 lpic
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:04 sample1.txt
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:05 sample2.txt
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:06 sample3.txt
[test@localhost ~]$


例)-a
ドットファイルも含めて、すべてのファイル、ディレクトリを表示
[test@localhost ~]$ ls -a
.   .bash_history  .bash_profile  .cache   lpic      sample1.txt  sample3.txt
..  .bash_logout   .bashrc        .config  .mozilla  sample2.txt
[test@localhost ~]$

例)-A
特殊な形式である「.」(カレントディレクトリ)と「..」(親ディレクトリ)を除いて、すべてのファイル、ディレクトリを表示
[test@localhost ~]$ ls -A
.bash_history  .bash_profile  .cache   lpic      sample1.txt  sample3.txt
.bash_logout   .bashrc        .config  .mozilla  sample2.txt
[test@localhost ~]$

ちょっと休憩(lsタイプミスの啓蒙コマンド)

LINUX初心者で、よくありがちなタイプミス。
もしも、「ls」コマンドではなく「sl」コマンドを打ってしまっても安心してください。
「sl」コマンドを打つと、画面上にsl(蒸気機関車)が走るんです。
Lsのミスタイプ防止のための啓蒙コマンドらしい…?
オプションによって車両や実行時間の長さも変わります。(「sl」と「sl -l」で見比べてください)

※蒸気機関車を出す方法※①②のコマンドで事前にインストールをしてくださいね。
※CentOS7以降だと公式のリポジトリに入ってないので、epelを追加します
①yum install epel-release //リポジトリを追加する
②yum install sl


例)-F
ファイルの種類も表示する
[test@localhost ~]$ ls -F
file001  file002  file003  lpic/  sample01/  sample02/
例)-t
最終更新日時が最近のものから順に並べ替えて表示
[test@localhost ~]$ ls -lt sample*
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:06 sample3.txt
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:05 sample2.txt
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:04 sample1.txt
[test@localhost ~]$

例)-r
最新更新日時が古いものから順に並べ替えて表示
[test@localhost ~]$ ls -ltr sample*
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:04 sample1.txt
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:05 sample2.txt
-rw-r--r--. 1 test test 0 Mar 15 17:06 sample3.txt
[test@localhost ~]$

まとめ

lsコマンドやls -lオプションは、実務でもよく使うのでしっかり覚えておきましょう!
それでは今回はこのあたりで。

確認問題

問題1

ディレクトリやファイルを一覧表示するコマンドで、正しい選択肢を1つ選びなさい。

A) cat
B) ls
C) head
D) tail

解答・解説
問題2

ファイルの詳細な情報を表示するlsコマンドのオプションで、正しい選択肢を1つ選びなさい。

A) -a
B) -d
C) -t
D) -l

解答・解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP