【PHP】ファイルシステム関数⑤ header関数


ファイルシステム関数⑤ header関数

この記事では、不正入力時のリダイレクトに使われるheader関数を説明します。

構文

header関数は、以下の構文をとります。

header($header, $replace, $response_code)

$headerは”Location: 遷移先パス”という文字列。
$replaceは前に送信された類似のheaderを置き換えるかどうかで、既定ではtrueです。
$response_codeはレスポンスコードを強制的に指定します。指定しない場合302のレスポンスコードになります。

実用例 不正入力時のリダイレクト

Locationレスポンスヘッダは、リダイレクト先のURLを指定するヘッダ情報です。
この例では、不正解の時とPOST以外のリクエストの時(URLを直で叩いたとき等)に、
トップページにリダイレクトするようにしています。

コード

成功例

失敗例のデモ

空文字送信した場合のリダイレクトは、
Chromeの場合、F12キーを押して、networkタブを開くと検証できます。

デモ動画はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP