java

【はじめてのJava】インスタンス変数とstatic変数の確認問題【オブジェクトとクラス編】


はじめてのJava

このシリーズでは、初めてJavaやプログラミングを勉強する方向けに、Javaによるプログラミングの基礎を説明していきます。
目標レベルは、Javaの資格試験の一つである「Oracle Certified Java Programmer, Silver」(通称Java Silver)に合格できる程度の知識の習得です。
はじめてJavaやプログラムに触れる方にもできるだけわかりやすい解説を心がけていきます。


オブジェクトとクラス編

オブジェクトとクラス編では、Javaを扱う上で非常によく出てくる「オブジェクト」や「クラス」について扱っていきます。

今回は「インスタンス変数」と「static変数」の内容の理解度の確認問題です。厳密な確認というよりは、ちょっとしたチェック用の問題です。気軽に解答してみてください。


目次


例題

( )には問題番号のアルファベットと、解答の頭文字が入っています。同じアルファベットの場所には同じものが入ります。また、ソースコード部分はコメントに従った内容を埋めてください。

例題:(X  J  )では(Y  ク  )と呼ばれる設計図を利用します。(Y  ク )名は通常は大文字で始めるのが慣例です。
Carクラスの例

class Car{
  //整数型のnumberをここに書いてください
 }

 

解答:(X  Java )では(Y  クラス )と呼ばれる設計図を利用します。(Y  クラス )名は通常は大文字で始めるのが慣例です。
Carクラスの例

class Car{
  int number;
 }

問題

以下の文章の( )やソースコードのコメント部分に入る言葉を考えてください。

Javaでは、クラスを定義する際に、属性を変数で、操作をメソッドで定義します。

クラス内に定義される変数は(A  イ )と(B  s )の2種類があります。

(A  イ )は別名(C  フ )やメンバ変数とも呼ばれ、個々のインスタンスが個別に持っている属性を表すものです。

(B  s )は、同じクラスから作られたインスタンス同士が共有している変数です。

スマートフォンを例に考えてみます。スマートフォンは、番号は1台1台異なりますが、通信できる通信容量は家族全員で共通です。

そこでこのスマートフォンを定義する際に、(A  イ )として番号を、(B  s )として通信容量を定義してみましょう。

番号をString型の変数number、通信容量をdouble型の変数gigaで表現すると次の通りです。

SmartPhoneクラス

class SmartPhone{
  /* ここにnumberを定義してください */
  /* ここにgigaを定義してください */
}

解答例はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答例

Javaでは、クラスを定義する際に、属性を変数で、操作をメソッドで定義します。

クラス内に定義される変数は(A  インスタンス変数 )と(B  static変数 )の2種類があります。

(A  インスタンス変数 )は別名(C  フィールド )やメンバ変数とも呼ばれ、個々のインスタンスが個別に持っている属性を表すものです。

(B  static変数 )は、同じクラスから作られたインスタンス同士が共有している変数です。

スマートフォンを例に考えてみます。スマートフォンは、番号は1台1台異なりますが、通信できる通信容量は家族全員で共通です。

そこでこのスマートフォンを定義する際に、(A  インスタンス変数 )として番号を、(B  static変数 )として通信容量を定義してみましょう。

番号をString型の変数number、通信容量をdouble型の変数gigaで表現すると次の通りです。

SmartPhoneクラス

class SmartPhone{
  String number;
  static double giga;
}

はじめてのJavaシリーズの目次はこちら
オブジェクトとクラス編はこちら


java 11 の練習問題一覧はこちら
はじめてのJavaシリーズの練習問題一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP