【CCNP徹底学習】CCNPの試験体系・難易度についてまとめてみた


2020年2月24日にCiscoの資格試験の大きな改定がありました。
新試験の形態になって半年以上が経過していますが、この機会にどう変わったのか、
出題範囲や試験の難易度がどう変化したかなどをまとめておきたいと思います。

これからCCNPの取得を目指す方、CCNPの更新を考えている方は是非参考にしてみてください。


改定前と改定後の試験区分の比較

現在のCCNPの試験形態と改定前の旧試験の比較していきましょう。
なお、Ciscoの試験は分野ごとに細かく分かれており、代表的なものに以下のような種類があります。

[改定前の試験区分]

・ルーティング&スイッチング(廃止)
・ワイヤレス(廃止)
・セキュリティ
・サービスプロバイダ
・データセンター
・コラボレーション
など

このように専門的な分野によっていくつかの種類がありましたが、最も一般的(大衆的)なのは
ルーティング&スイッチングでした。
世間で売られている参考書の類もルーティング&スイッチングの試験に即したものがほとんどです。
逆にルーティング&スイッチング以外の参考書はCisco公式の参考書(英語)しか存在しません。

どれか一つの分野でCCNPに合格することでもちろんCCNPホルダーにはなるのですが、複数の分野の
資格を取得することももちろん可能です。
複数の分野の資格を取得する場合も、まずはルーティング&スイッチングを取得し、さらに自身の職種や業務に
応じて2つ目にセキュリティやサービスプロバイダの資格を取得する、という順序が最も自然かと思います。
ルーティング&スイッチングのCCNPを取得し、その後セキュリティのCCNPを取得する、とった具合です。

しかし、上にも書いてある通り、今回の試験改定でルーティング&スイッチングとワイヤレスが
廃止され、次のような試験区分となりました。

[改定後の試験区分]

・エンタープライズ(新規)
・セキュリティ
・サービスプロバイダ
・データセンター
・コラボレーション
など

「エンタープライズ」という試験区分が新規に作成されたのですね。
このエンタープライズですが、一言で言ってしまえばルーティング&スイッチングとワイヤレスの
合体+αの試験
だと考えればOKです。
そして他の試験区分が専門性が高いことから、このエンタープライズ試験が一般的かつ大衆的な
立ち位置になることは旧試験と変わりないでしょう。

違う視点で考えると、エンタープライズ以外の資格を保持していると希少価値も上昇します。
例えば、CCIEの中でもセキュリティの分野を保持していると、世間的にもかなり市場価値が
高く評価される(らしい)です。
(それだけ試験の難易度も跳ね上がりますが…)

前置きが長くなりましたが、ここからはエンタープライズの分野に焦点を当て、
CCNPエンタープライズを取得するにはどうすればいいのか、またどれくらいの難易度なのかを
旧試験と比較しながら見ていきたいと思います。


改定前と改定後の試験難易度の比較

改定前は大きく分けるとCCNA、CCNP、CCIEの3段階のレベルで構成されていました。
さらに細かく分けると、CCNAよりもう一段階易しいレベルの資格としてCCENTというエントリーレベルの
資格も用意されていました。
それぞれの資格を取得するために合格する必要がある試験は次の通りです。

このように、CCNPルーティング&スイッチングを取得するためにはROUTE、SWITCH、TSHOOTという
3つの試験に合格する必要がありました。
また、この3つの試験を受験するにはCCNAを取得していなくてはならないため、必然的にCCNA⇒CCNP
という順番で階段を昇っていかなければなりませんでした。

改定後はこの資格レベルが一新されました。CCENTが廃止され、代わりにCCNAとCCNPの間に
SPECIALISTのレベルが新たに追加される
形となりました。
(必要な試験は少し複雑なので、後述します)

また、これらの新旧試験の難易度を比較すると、以下のようになります。


※この難易度の比較は筆者の個人的な体感も含みます。

新試験になり、CCNA・CCNP共に難易度が上がりました。
その主な理由をいくつか挙げてみたいと思います。

・旧試験はルーティング&スイッチングの試験だったため、ルータとスイッチの操作がほとんど
を占めていた
 ⇒新試験になりワイヤレスの分野、セキュリティの分野など、総合的に出題されるようになった。
・最近のトレンドであるSDNの分野の知識が多く出題されるようになった
・旧CCNPの内容が新CCNAへ降りてきた内容が数多くある
・CCIEの筆記が無くなり、CCNP取得に必要なコア試験(後述)に纏められた

こういった点でしょうか。簡単にまとめると、新CCNPは試験範囲が大幅に増えかつ旧CCIE
レベルの内容が多く含まれる形になった
、と言えるかと思います。


新規での取得方法

旧CCNPではROUTE・SWITCH・TSHOOTの3つの試験に合格する必要がありましたが、新SPECIALISTと
新CCNPではその辺りが非常にシンプルに変更されました。
新CCNPを取得するにあたり、まず理解しておく必要があることに、「コア試験(必須試験)」
「コンセントレーション試験(選択試験)」があります。

【コア試験】

ENCOR(Implementing and Operating Cisco Enterprise Network Core Technologies)

【コンセントレーション試験】

計6つの試験が用意されています。

・ENARSI(Implementing Cisco Enterprise Advanced Routing and Services)
・ENSDWI(Implementing Cisco SD-WAN Solutions)
・ENSLD(Designing Cisco Enterprise Networks)
・ENWLSD(Designing Cisco Enterprise Wireless Networks)
・ENWLSI(Implementing Cisco Enterprise Wireless Networks)
・ENAUTO(Implementing Automation for Cisco Enterprise Solutions)

まず、SPECIALIST認定ですが、コア試験とコンセントレーション試験を合わせた7つの試験のうち、
どれか1つに合格すれば資格認定となります。
コア試験に合格しても良いですし、コンセントレーション試験でも問題ありません。
試験の難易度的にはコンセントレーション試験の方が易しくなっていますので、そちら
の中からどれか1つを取得するのがオススメです。

そしてCCNP認定ですが、コア試験+コンセントレーションのどれか1つのあわせて2つの試験に
合格すれば資格認定となります。
コンセントレーション試験2つに合格してもCCNP合格とはならないので注意してください。

コンセントレーション試験の中でおそらく最も簡単な試験はENARSIだと思います。
この試験は旧CCNPのROUTEとほとんど同じ分野のため、勉強もしやすくなっています。


再認定での取得方法

旧CCNPを取得していた場合、3年間は資格が有効となり新CCNPも取得している扱いとなります。
期限が切れる前にコア試験1つに合格すればOKです。
コンセントレーション試験に合格しても、新CCNP更新とはならず、SPECIALIST認定止まりのため
間違えないようにしてください。

ただしここで注意点があります。「旧CCNP持ってるし、ENCORで新しく増えた内容をちょっと
やればいいや」みたいな考えだと確実に落ちます。もはやENCORの試験は旧CCNPとは全く別の試験です。
旧ROUTEやSWITCHの試験に出題されていたようなルータやスイッチの操作コマンドは
ほとんど出題されませんし、なによりCCIEの筆記試験を兼ねているということからある程度難易度も
想像ができるかと思います。

筆者の個人的な意見ですが、CCNPの更新とはいえど、最初にコンセントレーション試験の勉強をして
旧CCNPの復習も兼ねてSPECIALISTの認定を取得し、その後ENCORの勉強をして新しい知識を増やしていく、
というようにすることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP