HTML5 Logo

address要素


ADDRESS

ADDRESS要素は、最も近いbody要素article要素に関する問い合わせ先情報を示します。
ページ又は記事への問い合わせ先を記述するもなので、ページ中で紹介した店の住所や、末尾のページ更新日などの情報を ADDRESS要素に記述してはなりません。
article要素に含まれない場合は、body要素(ページ全体)の問い合わせ先を示すことになります。

カテゴリー

フローコンテンツ
パルパブルコンテンツ

ADDRESS属性

固有の属性はありません。

ADDRESS使用例

ADDRESS要素(articleを指定する例)
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
	<head>
		<meta charset="UTF-8">
		<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
		<title>Javascript | tech.pjin.jp</title>
	</head>
	<body>
		<header class="page-header">
			<h1>Javascript</h1>
			<p>初心者から始める、簡単なプログラム言語</p>
		</header>
		<main class="container">
			<article id="A498123">
				<header class="art-header">
					<h2>if文</h2>
					<p>簡単な条件分岐</p>
				</header>
				<section>
					<p>if文は条件分岐を行います。</p>
					<p>if(条件式)という記述で記載します。</p>
				</section>
				<address>
					この記事に関するお問い合わせ
					<a href="mailto:teacher@ssie.jp">teacher@ssie.jp</a>
				</address>
			</article>
		</main>
	</body>
</html>
ADDRESS要素(articleを指定しない例)
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
	<head>
		<meta charset="UTF-8">
		<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
		<title>PHP | tech.pjin.jp</title>
	</head>
	<body>
		<header class="page-header">
			<h1>PHP</h1>
			<p>初心者から始める、簡単なプログラム言語</p>
		</header>
		<main class="container">
			<article id="A498123">
				<header class="art-header">
					<h2>if文</h2>
					<p>簡単な条件分岐</p>
				</header>
				<section>
					<p>if文は条件分岐を行います。</p>
					<p>if(条件式)という記述で記載します。</p>
					<p>Javascriptと同じですね。ちなみに、JavaもC#も一緒です。</p>
				</section>
			</article>
		</main>
		<fooder>
			<address>
				このサイトに関するお問い合わせ
				<a href="mailto:teacher@ssie.jp">teacher@ssie.jp</a>
			</address>
		</fodder>
	</body>
</html>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP