HTML5 Logo

section要素


section

section要素は、ページ内またはアプリケーション内の一般的なセクションを表します。
article要素やaside要素などに該当しないセクションに使用します。
各セクションは、通常子要素として見出し(h1-h6要素)をが含まれている必要があります。

カテゴリー

フローコンテンツ
セクショニングコンテンツ
パルパブルコンテンツ

section属性

固有の属性はありません。

section使用例

section使用例
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
     <head>
          <meta charset="UTF-8">
          <title>TOP | tech.pjin.jp</title>
     </head>
     <body>
        <article>
            <h1>人物名</h1>
            <section>
                <h2>概略</h2>
                <p>(概略…)</p>
            </section>
        </article>
     </body>
</html>
section使用例
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
     <head>
          <meta charset="UTF-8">
          <title>アウグストゥス | tech.pjin.jp</title>
     </head>
     <body>
        <article>
            <h1>アウグストゥス</h1>
            <section>
                <h2>生い立ち</h2>
                <section>
                    <h3>幼少期</h3>
                    <p>紀元前47年には神祇官に任命される</p>
                    <h3>青年期期</h3>
                    <p>紀元前44年3月15日にカエサルがマルクス・ユニウス・ブルトゥス、ガイウス・カッシウス・ロンギヌスらに暗殺される。</p>
                    <h3>老齢期期</h3>
                    <p>紀元前42年1月1日、元老院はカエサルの神格化を決定、神君ユリウスとなる。</p>
                </section>
                <h2>業績</h2>
                <section>
                    <h3>最大の功績</h3>
                    <p>何よりも「内乱の一世紀」に終止符を打ち、「パクス・ロマーナ」を実現したことが最大の功績である。</p>
                    <h3>文化</h3>
                    <p>大帝国となったローマの首都を比類なき都にするため、芸術に心血を注いでいった。</p>
                </section>
            </section>
        </article>
     </body>
</html>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP