21、Cisco機器の初期設定ーCisco機器の基本ーCisco機器のメモリ


Cisco機器のメモリ

Cisco機器にもPCと同じく各種メモリが搭載されています。

 

①RAM

RAMはルーターの作業領域として使用されます。ダイナミックRAMが

採用されており電源を切ると内容が消えてしまいますが容量当たりの単価が

安価です。

 

②NVRAM

NVRAMは不揮発性のメモリであり電源を切っても内容が保持されるという

特徴がありますが容量当たりの単価が高価な為設定ファイルやコンフィグ

レーションレジスタなど限られた用途にごく少量使われます。

 

③フラッシュ

デジタルカメラなどに使われるのと同じCFカード又は内蔵型のメモリで

電源を切っても内容が保持されます。比較的安価で容量も大きい為IOS本体

の保存先になっています。

 

④ROM

内容が固定され書き換え不可能なメモリです。

書き換える必要のないPOST、ブートストラップ、MiniIOSなどが保存されます。

 

 

【参考】ROMとRAMの違い

https://tech.pjin.jp/?p=71594&preview=true

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP