【はじめてのJava】プログラムの作り方1【練習問題編】


はじめてのJava 練習問題 ~プログラムの作り方編~

はじめてのJava 練習問題 ~プログラムの作り方編~

動作環境と問題内容について

はじめてのjavaの練習問題です。出題範囲ははじめてのJavaで扱っている内容を中心とします。

難易度は Java SE 11 Programmer I の試験と同程度※を想定しています。

※ただし、場合によっては同試験には出題されない内容や形式が含まれることもあります。あくまでも難易度の目安として解答してください。

この問題の実行時の環境は以下の通りです。

javaのバージョン
 javac 11
 openjdk version “11” 2018-09-25
 OpenJDK Runtime Environment 18.9 (build 11+28)
 OpenJDK 64-Bit Server VM 18.9 (build 11+28, mixed mode)

 

※問題文に書いてあるプログラムを実行する際は自己責任で実行してください。


問題

問題1

Javaのソースコードの説明として正しいものは次のうちどれか。1つ選べ。

  1. 半角英語だけで記述する。
  2. ファイル名はどんなものでもよい。
  3. HTMLのタグを使用して記述していく。
  4. プレーンテキストで作成する。

解答はこちら


問題2

Javaの特徴として間違っているものは次のうちどれか。すべて選べ。

  1. オブジェクト指向である。
  2. インタプリタ言語である。
  3. 新品のPCさえあればすぐにJavaのプログラムを作成可能である。
  4. スマートフォンで動作するJavaのプログラムはない。
  5. WebアプリケーションはJavaでは作成できない。

解答はこちら


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説


解答1

  1. プレーンテキストで作成する。

 


解説1

問題文は以下の通り。

Javaのソースコードの説明として正しいものは次のうちどれか。1つ選べ。

選択肢は以下の通り。

  1. 半角英語だけで記述する。
  2. ファイル名はどんなものでもよい。
  3. HTMLのタグを使用して記述していく。
  4. プレーンテキストで作成する。

それぞれの解説は以下の通り。

  1. はずれ。半角英だけでなく数字や記号が使えます。
  2. はずれ。ファイル名に日本語や全角文字をつけるとうまくいかない可能性があります。また、public classと記載されたソースコードの場合、ファイル名は決まっています。>>関連記事
  3. はずれ。HTMLとJavaは全く異なるものです。
  4. 当たり。Javaのソースコードはプレーンテキストで作成します。>>関連記事

>>問題1に戻る

 

 


解答2

  1. インタプリタ言語である。
  2. 新品のPCさえあればすぐにJavaのプログラムを作成可能である。
  3. スマートフォンで動作するJavaのプログラムはない。
  4. WebアプリケーションはJavaでは作成できない。

 


解説2

問題文は以下の通り。

Javaの特徴として間違っているものは次のうちどれか。すべて選べ。

選択肢は以下の通り。

  1. オブジェクト指向である。
  2. インタプリタ言語である。
  3. 新品のPCさえあればすぐにJavaのプログラムを作成可能である。
  4. スマートフォンで動作するJavaのプログラムはない。
  5. WebアプリケーションはJavaでは作成できない。

それぞれの解説は以下の通り。

  1. 正しい。Javaはオブジェクト指向です。
  2. 間違い。Javaはコンパイラ言語です。>>関連記事
  3. 間違い。Javaでプログラムを作成する場合、JDKが必要です。>>関連記事
  4. 間違い。Androidやガラケーで動くプログラムもあります。
  5. 間違い。JSP/サーブレットなどを利用してWebアプリケーションを作成できます。

>>問題2に戻る

 

 


はじめてのJavaシリーズの記事一覧はこちら
シリーズ全記事一覧
環境構築編


java 11 の練習問題一覧はこちら
はじめてのJavaの練習問題編はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP