Python入門 Djangoを使う(その1)

この記事は2016年12月20日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Python入門 Djangoを使う(その1)

はじめに

不定期連載のPython入門第10回目です。
こまごまとした構文学習をすっとばして、Djangoを使ってみましょう。

今回の内容:
・Djangoとは?
・Django用環境準備

Djangoとは?

DjangoはPythonをベースにしたWebフレームワークです。
Webフレームワークとはなんぞやというと、Webアプリケーションを簡単に作れる仕組み(簡単に作れるように準備されたプログラム群)のことです。
Webアプリケーションとはなんぞやというと、代表的なものはWebサイトです。ブラウザを使って表示することが一般的です。
巷にWebサイトが溢れかえっていますが、どれも似たような仕組みが多かったりしますよね。ログインが必要だったり、フォームが必要だったり。そういったものを簡易的に実装できるのがフレームワークのいいところです。

フレームワークは言語毎にたくさんありますが、Pythonというプログラミング言語のフレームワークとして今最も認知度が高いフレームワークが「Django」なのです。

なんとなくDjangoのイメージが湧いてきましたでしょうか?
ちなみに読み方は「ディージャンゴ」ではなくて「ジャンゴ」のようです。「D」読まないんですね。

Django用環境準備

ではDjangoを使うための環境を準備していきましょう。
今回はMacで環境構築していきます。

まず、仮想環境用のディレクトリを作成します。

$ mkdir django_test
$ cd django_test
$ python3 -m venv djangoenv
$ ls
djangoenv

仮想環境での操作にうつります。

$ source djangoenv/bin/activate

以下のような記述になればOKです。

(myvenv) 〜〜

pipコマンドを使って、djangoをインストールします。
今回は最新版の1.10を指定しました。

$ pip install django==1.10
Collecting django==1.10
  Downloading Django-1.10-py2.py3-none-any.whl (6.8MB)
    100% |████████████████████████████████| 6.8MB 70kB/s 
Installing collected packages: django
Successfully installed django-1.10

これで準備完了です。

まとめ

今回はPythonのWebアプリケーションフレームワークのDjangoのインストールまでを学習しました。
チュートリアル的な環境構築自体は比較的簡単にできますが、ApacheやNginxとの連携となってくると少々厄介かもしれません。

[Unity_728×90]

Python入門シリーズ一覧

  • Python入門 pythonとは?
  • Python入門 pythonでHelloWorld
  • Python入門 pythonで文字列操作
  • Python入門 pythonで文字列操作その2
  • Python入門 pythonで日付の操作
  • Python入門 MacにPython3.5.1をインストールする手順まとめ
  • Python入門 SQLiteに接続する
  • Python入門 Getリクエスト送信(requestsを利用)
  • Python入門 MySQLに接続する
  • Python入門 Djangoを使う(その1)
  • Python入門 Djangoを使う(その2)
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    PAGE TOP