Android 日付・時刻の入力 DatePicker/TimePicker

この記事は2016年2月23日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Androidでユーザに日付や時刻情報を入力させたい場合に用いるインターフェースについて説明します。

DatePicker

日付を選択入力させるコンポーネントとしてDatePickerがあります。
もちろんActivityやFragmentに直接widgetを配置することも可能ですが、Pickerに類するものはDialogFragmentを用いたダイアログ表示が推奨されているため、本稿ではDialogFragmentによる表示を説明します。

*なお以下ではFragmentはsupport libraryを用いています。
*スクリーンショットの実行環境はAndroid 5.0.0です。

import android.app.DatePickerDialog;
import android.app.Dialog;
import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.DialogFragment;
import android.widget.DatePicker;

import java.util.Calendar;

public class DatePickerDialogFragment extends DialogFragment implements DatePickerDialog.OnDateSetListener {

    @Override
    public Dialog onCreateDialog(Bundle savedInstanceState) {
        Calendar calendar = Calendar.getInstance();
        int year = calendar.get(Calendar.YEAR);
        int month = calendar.get(Calendar.MONTH);
        int dayOfMonth = calendar.get(Calendar.DAY_OF_MONTH);

        DatePickerDialog datePickerDialog = new DatePickerDialog(getActivity(),this, year, month, dayOfMonth);

        return datePickerDialog;
    }

    public void onDateSet(DatePicker view, int year, int month, int day) {
        //日付が選択されたときの処理
    }

}

DialogFragmentを継承し、DialogFragment#onCreateDialog()の返り値にDatePickerDialogインスタンスを渡します。
DatePickerDialogのコンストラクタの第一引数にはContext、第二引数には日付が選択された際のコールバック、第三引数には年の選択初期値、第四引数には月の選択初期値、第五引数には日の選択初期値を与えます。

上の例ではDatePickerDialogFragmentでDatePickerDialog.OnDateSetListenerインターフェースを実装し、コンストラクタにthisを渡しています。

このダイアログを表示するときは、Activityで次のようにして呼び出します。

DatePickerDialogFragment datePicker = new DatePickerDialogFragment();
datePicker.show(getSupportFragmentManager(), "datePicker");

date_picker_dialog

TimePicker

時刻を選択させるコンポーネントとしてTimePickerが用意されています。

import android.app.Dialog;
import android.app.TimePickerDialog;
import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.DialogFragment;
import android.text.format.DateFormat;
import android.widget.TimePicker;

import java.util.Calendar;

public class TimePickerDialogFragment extends DialogFragment implements TimePickerDialog.OnTimeSetListener {

    @Override
    public Dialog onCreateDialog(Bundle savedInstanceState) {
        final Calendar c = Calendar.getInstance();
        int hour = c.get(Calendar.HOUR_OF_DAY);
        int minute = c.get(Calendar.MINUTE);

        TimePickerDialog timePickerDialog = new TimePickerDialog(getActivity(), this, hour, minute, true);

        return timePickerDialog;
    }

    public void onTimeSet(TimePicker view, int hourOfDay, int minute) {
        //時刻が選択されたときの処理
    }

}

DatePickerとの場合とほぼ同様の形です。第五引数は24時間表記かどうかをbooleanで指定します。

Acitivityでの呼び出し

TimePickerDialogFragment timePicker = new TimePickerDialogFragment();
timePicker.show(getSupportFragmentManager(), "timePicker");

time_picker_dialog

ユーザが日付・時刻を選択するインターフェースの実装方法は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP