続・とってもわかりやすいJAVA 【第23回 ラッパークラス(前半)】

この記事は2015年11月26日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


今回はラッパークラスについて説明します。

以前ArrayListの回でラッパークラスが出てきましたが、今回はより詳しくみていきたいと思います!

ラッパークラスとは

ラッパークラスとは、「基本データ型とオブジェクト参照型とを変換するために用いられるクラス」です。
各基本データ型に対応したラッパークラスが定義されています。

以下がその表です。

ラッパークラス

基本データ型→ラッパークラス

まずは基本データ型をオブジェクト参照型へ変換してみたいと思います。
方法は簡単!
ラッパークラスをインスタンス化する際、コンストラクタに基本データ型の値を渡すだけです!

では実際にサンプルをみてみましょう!

●WrapSample_01.java

public class WrapSample_01 {
    public static void main(String[] args) {
        int i = 10;
        Integer wi = new Integer(i);
    }
}

これでint型の値をInteger型に変換することができます。

ArrayListでジェネリックスを指定すると、内部ではこのような操作が行われます。
すると基本データ型がArrayListでも扱えるようになるわけです。

ラッパークラス→基本データ型

では逆もみてみましょう!
今度はオブジェクト参照型から基本データ型への変換です。

●UnwrapSample.java

public class UnwrapSample {
    public static void main(String[] args) {
        Integer wi = new Integer(10);
        int i = wi.intValue();
    }
}

IntegerクラスにはintValueメソッドが定義されています。
このメソッドを用いるとint型に変換することができます。
これと同様、他のラッパークラスにもXXXValueメソッドが定義されています。(XXXは基本データ型が入る)

まとめ

  • 基本データ型をオブジェクト参照型に変換するには、
    ラッパークラスのコンストラクタに値を渡す
  • オブジェクト参照型を基本データ型にするには、
    ラッパークラスのXXXValueメソッドを使う

次回に続きます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP