3分プログラミング~Android Studio導入編~ #3Android Studio起動

この記事は2015年9月20日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


3分プログラミング~Android Studio導入編~ #3 Android Studio起動

 

「javaを活かして何かを作りたい」「ちょっと時間があるから何か技術を身に着けたい」「開発で一儲けして印税(?)生活を楽しみたい・・・w」etc…と考えているそこのあなた!

本日の献立は、Android Studioを利用したAndroidのプログラミング(Android Studio 導入編#3)です。Androidの調理(プログラミング)は難しそう、と思わずまずは挑戦してみましょう。

本日の材料も前回に引き続き以下の通りです。(#1と同じ材料です。)

  1. PC・・・・・・・・・・・・・・1台、スペックに注意
  2. javaの知識・・・・・・・少々
  3. Androidへの愛・・・たっぷり
  4. 気合と根性・・・・・・・お好み

※windowsの場合の推奨スペックを紹介した記事はこちら

Android Studioの起動

Android Studioを起動する

前回は調理(インストール)を行ったので今回は味見(Android Studioの起動)を行います。

スタートメニューからAndroid Studioを選んでダブルクリックします。

※スタートメニューを作らなかった方はProgram FilesなどのフォルダからAndroid Studioを探して起動してください。

2-7 3-1

左:インストール時のショートカットの設定画面 右:スタートメニューのショートカット

起動直後は画面中央に下のような起動画面が表示されます。

3-3

UIの選択

初回起動時はSelect UI Theme(UI→User Interfaceのこと)の選択画面が表示されます。お好みのほうを選択してください。

このブログでは、画面左(「IntelliJ」)を使用します。

3-5

起動完了

起動が完了すると次のような画面になります。今は何もプロジェクトを作っていないので、何も表示されません。

3-4

これでひとまず起動が完了しました。次回からはAndroid Studioを利用して画面に「Hello World!」と表示するアプリを作っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP