イチから始めるSwift学習 その3 ViewController.swiftの中身を知ろう!

この記事は2015年9月7日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


1、ViewController.swiftに書かれていることを理解しよう!

これからはSwiftの基本ルールやコードの書き方について勉強していきます。

最初のうちはViewController.swiftに色々とコードを書いていくことになるのですが、

どこに書いていいのかわからない!

そもそも英語ばかりで意味不明!

となってしまいますので、まずはこのViewController.swiftには何が書いてあるのかを見ていきましょう。

3_1

左側のナビゲータエリアのViewController.swiftをクリックして開いてみると

上の図のようにコードが表示されるかと思います。

初期状態でこの部分は書かれているんですね。では、各色枠を見てみましょう。

《赤枠の部分》

各行コメントアウト(※次回説明します)されていて、文字が緑色になっています。

ここにはプロジェクト(アプリ)名、作成者、作成日時、アプリの所有者の情報などが書かれています。

ただの情報なので、この部分は気にしなくていいです。全然関係無い部分です。無視しましょう。

もちろんごっそり全て消してしまっても問題ありません。

《青枠の部分》

この部分が実際に処理されている内容になります。

少し詳しく見てみます。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }

}

1行目

UIKitフレームワークというものをインポートしています。

細かい説明は抜きにしますが、この1文を書くことでiPhoneアプリを作成する上での色々な機能

が使えるようになるんですねー。便利!!なのでこの文が無いと動かなくなりますので、

くれぐれも消さないように気をつけてください。

試しに1行目を消して左上のシミュレータの実行ボタンを押してみると、

3_2

はい、、見なかったことにしましょう。。

赤字になっている部分はエラーが発生している部分です。ほぼ全てが赤色ですね…。

エラーが発生するとアプリが実行できなくなってしまいます。

もちろんシミュレータ上でもアプリが起動しません。

何度も言いますが、絶対に消さないようにしてくださいね。

2~15行目

この部分が最初の画面の処理になります。まだごちゃごちゃしているので、少し省略してみると、

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {

    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {

    }
}

少しスッキリしてきました。

この中の構造は、1行目から始まって10行目で終わる

class ViewController: UIViewController {  }

のカッコの中に、

override func viewDidLoad( ) {  }

と、

override func didReceiveMemoryWarning( ) {  }

が入れ子の構造で入っているのが見て取れるかと思います。

①class ViewController: UIViewController {  }

この部分ではViewControllerクラスというものの定義が行われています。

ただ最初のうちは難しいことは考えず、画面全体に関することが{  }の中にまとめられている、

と考えればOKです。

つまり画面に色々表示させたり、動作させたりしたい場合はこの{  }の中に記述していく形になります。

②override func 〜( ) {  }

この部分ではメソッドの再定義が行われています。

override func viewDidLoad( ) {  }は画面がロード、つまり読み込まれた際に、{  }の中に書かれていることを

実行するよ、という操作の取り決めをしているんですね。

override func didReceiveMemoryWarning( ) {  }も同じように、メモリ不足になった際に、{  }の中に書かれて

いることを実行するよ、という操作が決められています。

2、コードを書いてみよう!

では試しにコードを書いてみましょう。

override func viewDidLoad( ) の{  }の中に以下の1文を記述してみてください。

(super.viewDidLoad( )の次の行に記述します。)

println("Hello World!")

3_3

この1文を書いたら、アプリのシミュレータを起動してみましょう。

するとシミュレータのiPhone画面上には何も表示されずに真っ白のままですが、

Xcodeの下の部分(デバッグエリア)に「Hello World!」の文字が表示されたことと思います。

3_4

println( )というのは、Xcodeのデバッグエリアに文字などを出力することができる関数です。

デバッグエリアに表示するだけで、アプリの画面上には何も出力しません。

一連の動作をまとめると、

シミュレータを実行する

→アプリが起動する

→アプリの最初の画面(ViewControllerで決められた画面)が呼び出される

→画面がロードされる(override func viewDidLoad( ) の{  }の中が実行される)

→その中にあるprintln( )関数が実行される

→「Hello World!」の文字列がデバッグエリアに表示される

という流れになります。

もちろん「Hello World!」の文字を変更すれば、デバッグエリアに表示される文字も変わります。

色々試してみてください。

今回はこれで終わりにします。

次回からはこのoverride func viewDidLoad( ) {  }の中に色々と記述してSwiftの基本構文を

勉強していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP