nagiosでフリーな監視をしてみよう!~nagiosの設定(9)~

この記事は2015年3月9日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


監視対象の状態を監視する設定(postgresqlのチェック)


データベースサーバ(postgresql)の監視設定を見ていきます。
すでに、データベースサーバ(postgresql)は構築されえいるものとします。
使用するコマンドは、「check_postgresql」を使用します。

設定例として、postgresqlにnagiosユーザーで接続でき、レスポンスが2秒以上であれば「WARNING」、5秒以上であれば「CRITICAL」とします。

(1)監視対象側にて、監視に必要なpostgresql-develをインストールします。

# yum -y install postgresql-devel


(2)nagios-pluginを再コンパイルして、postgresql用のコマンドをインストールします。

※「nagios-plugin」のソースコードをダウンロードした場所は「/usr/local/src」とします。

# cd /usr/local/src/nagios-plugin-2.0.3
# ./configure --with-pgsql=/usr && make && make install


(3)createuserコマンドで、接続用のnagiosユーザーを作成します。

※postgresユーザーでログインしていること。

-bash-4.1$ createuser -A -d nagios
新しいロールにロールを作成する権限を与えますか? (y/n)y


(4)createdbコマンドで、接続用のデータベースcheckDBを作成し、パスワードを設定します。

※nagiosユーザーをあらかじめ作成し、nagiosユーザーでログインしていること。

-bash-4.1$ createdb -U nagios checkDB
-bash-4.1$ psql checkDB
psql (8.4.20)
"help" でヘルプを表示します.

checkDB=> ALTER USER nagios WITH PASSWORD 'nagios';
ALTER ROLE


(5)「nrpe.cfg」ファイルの設定を変更します。

・「/usr/local/nagios/etc/nrpe.cfg」ファイル変更後の内容

 command[check_load]=/usr/local/nagios/libexec/check_load -w 2.0,2.0,2.0 -c 4.0,4.0,4.0
 command[check_disk]=/usr/local/nagios/libexec/check_disk -w 10% -c 5% -p /
 command[check_mem]=/usr/local/nagios/libexec/check_mem.pl -f -w 1.5 -c 1
 command[check_users]=/usr/local/nagios/libexec/check_users -w 3 -c 5
 command[check_swap]=/usr/local/nagios/libexec/check_swap -w 30 -c 20
 command[check_z_procs]=/usr/local/nagios/libexec/check_procs -s Z -w 2 -c 4
 command[check_http]=/usr/local/nagios/libexec/check_http -H 192.168.100.75 -u /index.html -w 3 -c 6
 command[check_disk_smb]=/usr/local/nagios/libexec/check_disk_smb -H nagios2 -s public -u centos -p centos -w 80% -c 90%
 command[check_smtp]=/usr/local/nagios/libexec/check_smtp -H 192.168.100.75 -w 3 -c 5
 command[check_ftp]=/usr/local/nagios/libexec/check_ftp -H 192.168.100.75 -w 3 -c 5
 command[check_mysql]=/usr/local/nagios/libexec/check_mysql -H localhost -u nagios -p nagios
 command[check_pgsql]=/usr/local/nagios/libexec/check_pgsql -H localhost -d checkDB -l nagios -p 'nagios' -w 2 -c 5


(6)「nagios2.cfg」ファイルの設定を変更します。

・「nagios2.cfg」ファイル変更後の内容

 define service{
     use                 generic-service
     host_name           nagios2
     service_description Check PostgreSQL
     check_command       check_nrpe!check_pgsql
     }


(6)監視サーバ側にて、設定を反映します。

# service nagios reload


(7)「http://(サーバのIP)/nagios/」を開いて、左側の「現在の状態(Current Status)」-「サービス(services)」をクリックし、しばらくすると、「正常(OK)」となります。


(8)サービスグループにも表示させるために、「servicegroup.cfg」ファイルの設定を変更します。

# vi /usr/local/nagios/etc/objects/servicegroup.cfg

・「servicegroup.cfg」ファイル変更後の内容

 define servicegroup{
     servicegroup_name   [CHECK] Check PostgreSQL
     alias               PostgreSQL Services
     members             nagios2,Check PostgreSQL
 }


(9)監視サーバ側にて、設定を反映します。

# service nagios reload


(10)「http://(サーバのIP)/nagios/」を開いて、左側の「現在の状態(Current Status)」-「サービスグループ(service group)」をクリックし、しばらくすると、「PostgreSQL Services ([CHECK] Check PostgreSQL)」が表示されます。


次回も、いろいろなサービスの追加などについて引き続き、説明していきたいと思います。


ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP