nagiosでフリーな監視をしてみよう!~nagiosの設定(7)~

この記事は2015年2月23日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


監視対象の状態を監視する設定(プロセスの使用状況)


プロセスの使用状況の設定について、みていきます。
使用するコマンドは、「check_procs」を使用します。

設定例として、ゾンビプロセスが2個で「WARNING」、 4個で「CRITICAL」とします。

※ゾンビプロセスとは、すでにいないはずのプロセスがまだ存在するプロセスの事を指します。

(1)監視対象側にて、「nrpe.cfg」ファイルの設定を変更します。


・「/usr/local/nagios/etc/nrpe.cfg」ファイル変更前の内容

 #command[check_users]=/usr/local/nagios/libexec/check_users -w 5 -c 10
 #command[check_load]=/usr/local/nagios/libexec/check_load -w 15,10,5 -c 30,25,20
 #command[check_hda1]=/usr/local/nagios/libexec/check_disk -w 20% -c 10% -p /dev/hda1
 command[check_zombie_procs]=/usr/local/nagios/libexec/check_procs -w 5 -c 10 -s Z
 command[check_total_procs]=/usr/local/nagios/libexec/check_procs -w 150 -c 200

 command[check_load]=/usr/local/nagios/libexec/check_load -w 2.0,2.0,2.0 -c 4.0,4.0,4.0
 command[check_disk]=/usr/local/nagios/libexec/check_disk -w 10% -c 5% -p /
 command[check_mem]=/usr/local/nagios/libexec/check_mem.pl -f -w 1.5 -c 1
 command[check_users]=/usr/local/nagios/libexec/check_users -w 3 -c 5
 command[check_swap]=/usr/local/nagios/libexec/check_swap -w 30 -c 20


・「/usr/local/nagios/etc/nrpe.cfg」ファイル変更後の内容

 #command[check_users]=/usr/local/nagios/libexec/check_users -w 5 -c 10
 #command[check_load]=/usr/local/nagios/libexec/check_load -w 15,10,5 -c 30,25,20
 #command[check_hda1]=/usr/local/nagios/libexec/check_disk -w 20% -c 10% -p /dev/hda1
 #command[check_zombie_procs]=/usr/local/nagios/libexec/check_procs -w 5 -c 10 -s Z
 command[check_total_procs]=/usr/local/nagios/libexec/check_procs -w 150 -c 200

 command[check_load]=/usr/local/nagios/libexec/check_load -w 2.0,2.0,2.0 -c 4.0,4.0,4.0
 command[check_disk]=/usr/local/nagios/libexec/check_disk -w 10% -c 5% -p /
 command[check_mem]=/usr/local/nagios/libexec/check_mem.pl -f -w 1.5 -c 1
 command[check_users]=/usr/local/nagios/libexec/check_users -w 3 -c 5
 command[check_swap]=/usr/local/nagios/libexec/check_swap -w 30 -c 20
 command[check_z_procs]=/usr/local/nagios/libexec/check_procs -s Z -w 2 -c 4


(4)監視対象側にて、「nagios2.cfg」ファイルの設定を変更します。

・「nagios2.cfg」ファイル変更後の内容

 define service{
     use                 generic-service
     host_name           nagios2
     service_description Check Zombie Procs
     check_command       check_nrpe!check_z_procs
     }


(5)監視サーバ側にて、設定を反映します。

# service nagios reload


(6)「http://(サーバのIP)/nagios/」を開いて、左側の「現在の状態(Current Status)」-「サービス(services)」をクリックし、しばらくすると、「正常(OK)」となります。


(7)サービスグループにも表示させるために、「servicegroup.cfg」ファイルの設定を変更します。

・「servicegroup.cfg」ファイル変更後の内容

 define servicegroup{
     servicegroup_name   [CHECK] Check Zombie Procs
     alias               Zombie Procs Services
     members             nagios2,Check Zombie Procs
 }


(8)監視サーバ側にて、設定を反映します。

# service nagios reload


(9)「http://(サーバのIP)/nagios/」を開いて、左側の「現在の状態(Current Status)」-「サービスグループ(service group)」をクリックし、しばらくすると、「Zombie Procs Services ([CHECK] Check Zombie Procs)」が表示されます。


次回も、いろいろなサービスの追加などについて引き続き、説明していきたいと思います。


ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP