nagiosでフリーな監視をしてみよう!~nagiosの設定(5)~

この記事は2015年2月9日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


nagios・nrpeの再起動と動作確認


(1)監視サーバ側にて、nagiosの再起動を行います。

# service nagios reload


(2)監視対象側にて、nrpeの起動を行います。

# service xinetd restart


(3)nrpeの動作確認を行います。
監視サーバ(nagios)側にて、以下のコマンドを実行し、load averageの結果が返ってこれば、OKです。

# /usr/local/nagios/libexec/check_nrpe -H 192.168.100.75 -c check_load


※もし、「port 5666: Connection refused」というようなエラーメッセージが出た場合には、「/var/log/messages」ファイルのメッセージを確認し、適時対応してください。
以下に例を挙げておきます。
・「service/protocol combination not in /etc/services: nrpe/tcp」というメッセージ
原因:以下の作業を実行していない恐れがある。(サービス一覧にnrpeが存在しない)
対処:サービス一覧にnrpeを追加する。

# echo "nrpe 5666/tcp # NRPE" >> /etc/services


次回は、監視サービス追加について説明していきたいと思います。


ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP