nagiosでフリーな監視をしてみよう!~nagiosの構築(3)~

この記事は2014年11月5日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


PHP・apacheの初期設定


PHPとapacheの初期設定を行っていきます。

(1)apacheユーザーのホームディレクトリを変更します。

# usermod -d /usr/local/apache2/htdocs apache
# cat /etc/passwd | grep apache
apache:x:48:48:Apache:/usr/local/apache2/htdocs:/sbin/nologin


(2)雛形からphpの設定ファイル「php.ini」をコピーします。

# cp php.ini-development /usr/local/lib/php.ini


(3)「php.ini」ファイルに以下の内容を修正・追加します。

# vi /usr/local/lib/php.ini


・「php.ini」ファイル変更前の内容

 ; used regardless of this directive.
 ; Default Value: On
 ; Development Value: Off
 ; Production Value: Off
 ; http://php.net/short-open-tag
 short_open_tag = Off
 [Date]
 ; Defines the default timezone used by the date functions
 ; http://php.net/date.timezone
 ;date.timezone =


・「php.ini」ファイル変更後の内容

 ; used regardless of this directive.
 ; Default Value: On
 ; Development Value: Off
 ; Production Value: Off
 ; http://php.net/short-open-tag
 short_open_tag = On
 [Date]
 ; Defines the default timezone used by the date functions
 ; http://php.net/date.timezone
 date.timezone = "Asia/Tokyo"


(3)「httpd.conf」にAddTypeでphpの拡張子を指定する設定を追記します。

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf


・「httpd.conf」ファイル変更前の内容

 # running httpd, as with most system services.
 #
 User daemon
 Group daemon

 </IfModule>

 # If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
 #
 #ServerName www.sample.com:80

 #

 #
 # DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
 # is requested.
 #
 <IfModule dir_module>
     DirectoryIndex index.html
 </IfModule>


・「httpd.conf」ファイル変更後の内容

 # running httpd, as with most system services.
 #
 User apache
 Group apache

 </IfModule>

 # If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
 #
 ServerName localhost:80

 #

 #
 # DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
 # is requested.
 #
 <IfModule dir_module>
     DirectoryIndex index.html index.php
 </IfModule>

 #<IfModule headers_module>
 #RequestHeader unset DNT env=bad_DNT
 #</IfModule>

 AddType application/x-httpd-php .php .phtml


(4)所有者と所有グループを変更します。

# chown -R apache.apache /usr/local/apache2


(5)サービスを再起動して、設定を有効化します。

# service httpd restart
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]


(6)phpが有効化されていることを確認するため、phpinfoのテストファイルを作成します。

# cd /usr/local/apache2/htdocs/
# echo '<?php phpinfo();' > info.php


(6)「http://(IPアドレス)/info.php」にアクセスして、phpinfoのページが表示されたら成功となります。


次回は、nagiosのインストールを説明していきたいと思います。


ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP