nagiosでフリーな監視をしてみよう!~nagiosの構築(3)~

この記事は2014年11月5日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


nagiosでフリーな監視をしてみよう!~nagiosの構築(3)~

re2cのインストール


phpのインストール作業の中で、「configure」スクリプト実行時に、
「configure: WARNING: You will need re2c 0.13.4 or later if you want to regenerate PHP parsers.」
というメッセージが表示された場合には、re2cをインストールすることを推奨しています。

re2cのインストール手順です。

(1)「/usr/local/src」ディレクトリに移動し、wgetコマンドでソースコードをダウンロードします。

# cd /usr/local/src/
# wget http://sourceforge.net/projects/re2c/files/re2c/0.13.7.5/re2c-0.13.7.5.tar.gz


(3)ソースコードを解凍し、解凍したディレクトリに移動します。

# tar xfz re2c-0.13.7.5.tar.gz
# cd re2c-0.13.7.5


(4)configureを実行します。

# ./configure


(5)makeを実行します。

# make


(6)pacoに登録しつつ、make installを実行します。

# paco -D make install

PHPのインストール

configure: error: xml2-config not found. Please check your libxml2 installation.
yum -y install libxml2-devel

configure: error: jpeglib.h not found.


(1)「/usr/local/src」ディレクトリに移動し、wgetコマンドでソースコードをダウンロードします。

# cd /usr/local/src/
# wget http://jp1.php.net/get/php-5.4.34.tar.gz/from/this/mirror -O php-5.4.34.tar.gz


phpの公式サイト
URL:「https://php.net/」
[styled_images width=”598px” height=”368px”] [image title=”1″]http://tech.pjin.jp/wp-content/uploads/2014/10/nagios3-01.png[/image] [/styled_images] [clearboth]


(3)ソースコードを解凍し、解凍したディレクトリに移動します。

# tar xfz php-5.4.34.tar.gz
# cd php-5.4.34.tar.gz


(4)configureを実行します。

# ./configure
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs
--with-gd
--with-jpeg-dir
--with-png-dir
--with-zlib-dir
--with-freetype-dir
--with-snmp
--enable-gd-native-ttf
--enable-gd-jis-conv
--enable-mysqlnd
--enable-embedded-mysqli
--enable-sockets
--enable-mbstring
--enable-ftp
--enable-zip


(5)makeを実行します。

# make


(6)pacoに登録しつつ、make installを実行します。

# paco -D make install

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP