無料で監視ツールを構築しよう~Zabbixの操作(2)~

この記事は2014年8月12日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。



(3)先ほど設定したテンプレートの「アイテム(0)(Items(0))」をクリックします。

13

(4)画面右上の「アイテムの作成(Create item)」をクリックします。

14


(5)アイテムの設定画面が表示されるので、以下の項目の値を入力します。

名前 CPU idle値
タイプ Zabbixエージェント
キー system.cpu.util[,idle]
データ型 数値 (浮動小数)
データの形式 10進数
更新間隔 60
上記の項目以外の設定 デフォルト値


15


(6)入力した項目に間違いがなければ、「保存(Save)」ボタンをクリックします。

16


(7)アイテムの一覧に登録されたアイテムが表示されます。これで、テンプレートへのアイテムの登録が完了です。

1

 

次回は、「zabbixの操作(3)」について触れていきたいと思います。

 

ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP