無料で監視ツールを構築しよう(1)~Zabbixの構築~

この記事は2014年4月28日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


MySQL(DBサーバ)のインストール


次に、MySQL(DBサーバ)をインストールしていきます。
(1)MySQLをデーモンで起動するためのグループとユーザーを作成します。

groupadd mysql
useradd -g mysql -d /usr/local/mysql mysql
passwd mysql


(2)「/usr/local/src」ディレクトリに移動し、wgetコマンドでソースコードをダウンロードします。

cd /usr/local/src
wget ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/Downloads/MySQL-5.5/mysql-5.5.35.tar.gz


mysqlの本家サイト
URL:「http://www-jp.mysql.com/」


(2)ソースコードを解凍し、解凍したディレクトリに移動します。

tar xfz mysql-5.5.35.tar.gz
cd mysql-5.5.35


(3)cmake が入っていない場合は yum でインストールします。

yum install -y cmake


(4)MySQL依存パッケージをyumでインストールします。

yum install -y ncurses-devel


(5)cmakeコマンドを行います。

cmake .
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/mysql
-DDEFAULT_CHARSET=utf8
-DWITH_EXTRA_CHARSETS=all
-DDEFAULT_COLLATION=utf8_general_ci
-DWITH_PIC=1


(6)MySQL のインストールを行います。

make && make install

MySQL(DBサーバ)の初期設定


次に、MySQL(DBサーバ)の初期設定をしていきます。
(1)「/usr/local/mysql」ディレクトリの所有者を変更します。

chown -R mysql.mysql /usr/local/mysql


(2)データベースを初期化します。

/usr/local/mysql/scripts/mysql_install_db
--user=mysql
--basedir=/usr/local/mysql
--datadir=/usr/local/mysql/data



(3)自動起動の設定をするため、起動用スクリプトを配置し、実行権を付与し、自動起動に設定します。

cp support-files/mysql.server /etc/init.d/mysqld
chmod +x /etc/init.d/mysqld
ll /etc/init.d/mysqld
chkconfig mysqld on
chkconfig --list |grep mysqld



(4)実行環境に合わせて、「mysqld」起動スクリプトを変更します。

vi /etc/init.d/mysqld

・変更前

# If you change base dir, you must also change datadir. These may get
# overwritten by settings in the MySQL configuration files.

basedir=
datadir=

# Default value, in seconds, afterwhich the script should timeout waiting
# for server start.

・変更後

# If you change base dir, you must also change datadir. These may get
# overwritten by settings in the MySQL configuration files.

basedir=/usr/local/mysql
datadir=$basedir/data

# Default value, in seconds, afterwhich the script should timeout waiting
# for server start.



(5)設定ファイルをコピーします。設定ファイルは必要に応じて編集してください。

cp support-files/my-huge.cnf /etc/my.cnf



(6)MySQLの環境変数PATHを設定します。

vi ~/.bashrc

・変更前

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

・変更後

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

#MySQL
MYSQL_HOME=/usr/local/mysql

PATH=$PATH:$MYSQL_HOME/bin


MySQL(DBサーバ)の起動と停止、パスワードの設定


MySQL(DBサーバ)の起動と停止をしてみます。
(1)mysqldスクリプトで起動をして見ます。

service mysqld start



(2)mysqldスクリプトで停止をして見ます。

service mysqld stop



(3)パスワードの設定をします。

・mysqladminコマンドで設定する場合

mysqladmin -u root password 'new-password'

・mysql上で設定する場合

mysql -u root
set password for root@localhost=password('new-password');


次回は、「zabbixの構築(2)」で、cURLのインストールから説明していきたいと思います。


ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP