AmazonEC2へのApache&Passengerインストール手順

この記事は2013年12月18日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


ではサンプルアプリケーションを作って動きを確認してみましょう
まずサンプルアプリケーション「testsample」を生成します。

cd /var/www/testapp
rails new testsample

scaffoldという機能を使ってユーザ管理アプリを作成します。

rails g scaffold user name:string address:string

ここで
「Could not find a JavaScript runtime. See https://github.com/sstephenson/execjs for a list of available runtimes.」
のようなエラーが出てくる場合は、「testsample」ディレクトリ内の「Gemfile」に次の記述を追加してから再度コマンドを実行します。

gem 'execjs'
gem 'therubyracer'

DB作成、マイグレーション、プリコンパイルを実行します。

ここでsqliteがインストールされていることが前提になります。
まだインストールされていな方は以前の記事を参考に、インストールをしてください。
AWS無料クラウドサーバEC2にRuby,Rails環境を構築する手順まとめ

rake db:create RAILS_ENV=production
rake db:migrate RAILS_ENV=production
rake assets:precompile RAILS_ENV=production

最後にApacheを再起動します。

service httpd stop
service httpd start

ブラウザから「http://【IPアドレス】/users」にアクセスします。
※ここでポイントは「user」ではなく「users」である点です。

ブラウザに下記のような形で表示されたらOKです。
passenger

感想

EC2へのインストールというよりは、単純にpassengerのインストールが大変でした。
まだ使い込んでいないのでよくわかりませんが、PHPフレームワークのような特徴がありそうです。

ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP