LAMPをはじめてみた~6日目~

この記事は2013年11月22日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


LAMPをはじめてみた~6日目~

LAMP連載も6日目となりました。
今回はデータベースについて記述します。

データベースサーバについて

データベースというと、いろいろな情報(写真、音楽、ファイルなど)を保存しておくための仕組み、というイメージがあります。
さて、データベースの種類には色々と種類がありますが、あまり詳しく勉強してもわからないので一部だけ紹介します。

  1. 有償
    • Oracle
    • SQL Server
    • Access
  2. 無償
    • MySQL
    • PostgreSQL

※この連載記事では、以降MySQLを使用していきます。

データベースとアプリケーションの関係性

この連載記事の第一回でも起債しましたが、復習がてら確認してみましょう。

データベースはPHPとの関係が深いわけですね。
この図から判断するに、データベースの操作はPHPで書いていることがわかります。
(PHPについては後日記述)

データベースの形態

さて、データベースですが、正式な説明としては、何かしらの情報の集合体です。
それらの情報はただ集まっているだけではなく、検索や分析を目的としていグループ分けをして保存する、というようなイメージです。
データベースにの形態は複数存在します。

  • カード型データベース

  • 個々のデータを1枚のデータとして管理します。
    旧型で、現在ではほとんど利用されていません。

  • ネットワーク型データベース

  • ツリー構造になっています。
    各々の情は親子関係になっています。

  • リレーショナルデータベース

  • データを情報単位として管理。
    表の項目同士を紐付けるイメージです。
    この方法により柔軟なデータ管理が可能になります。

リレーショナルデータベースのテーブルについて

リレーショナルデータベースにおいて、データはテーブルに格納されます。
このテーブル内に含まれる特定の情報をカラム(列)もしくはフィールドと呼び、人雲の項目セットをレコード(行)と呼びます。
以下の図で確認してみましょう。

この図の筒をデータベースとすると中の表がテーブルです。データベースの中にはこのようなテーブル(表)が複数存在しています。

リレーショナルデータベースでは、テーブル内のレコードを一意(ユニーク)に識別するためのカラム(列)のことを「主キー」と呼びます。主キーと関連付けるための外部テーブル上の参照キーのことを外部キーと呼びます。

リレーショナルデータベースでは、この2つのキーの関係により「リレーションシップ(関連付け)」を表現しています。

また、リレーショナルデータベースでは、縦軸をカラム(列)と呼び、横軸をロー(行)と呼びます。

次回はデータベース(MySQL)のインストールを行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP