AWS無料クラウドサーバEC2にRuby,Rails環境を構築する手順まとめ

この記事は2013年11月21日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


手順4.Rubyのインストール確認

EC2、デフォルトでRubyはインストールされています。

$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2013-06-27 patchlevel 374) [x86_64-linux]

こんな感じで出てくるはず。
これでよさそうですが、railsインストールのタイミングでエラーとなるので、
新しいバージョン(2.0.0)もインストールしてみました。

※実際はRailsのバージョンを指定してインストールすることで対応できました。なので参考程度で。

$ sudo cd /usr/local/src/
$ sudo wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p247.tar.gz
$ sudo tar xvfz ruby-2.0.0-p247.tar.gz
$ cd ruby-2.0.0-p247
$ sudo ./configure
$ sudo make
$ sudo make install

手順5.Apacheのインストール

ウェブサーバも構築しておきたいので、Apacheをインストールします。

$ sudo yum install httpd httpd-devel curl-devel

自動起動設定をしておきます。

$ sudo chkconfig /etc/init.d/httpd
$ sudo chkconfig httpd on

Apacheを起動します。

$ sudo service httpd start

起動確認を行いましょう。
「http://IPアドレス」にアクセスしてApache画面が表示されたら起動OKです。

手順6.Rubygemsのインストール

rdocをインストールしておく。

$ sudo yum install rdoc

ソースからインストールするので、/usr/local/srcにソースをダウンロード

$ sudo cd /usr/local/src
$ sudo wget http://production.cf.rubygems.org/rubygems/rubygems-2.0.3.tgz
$ sudo tar xzvf rubygems-2.0.3.tgz
$ cd rubygems-2.0.3
$ ruby setup.rb

インストールできたか確認しましょう。

$ gem -v
2.0.3

と出ればOKです。

手順7.Railsのインストール

事前ライブラリインストール

$ sudo yum install ruby-devel
$ sudo yum install gcc
$ sudo yum install make

railsをバージョン指定でインストール

$ sudo gem install rails -3.2.13

※あまり新しいとエラーになるようだ。

確認。下記のように表示されればOK。

$ rails -v
Rails 3.2.13

ここまででrailsのインストールは完了。

手順8.テストプロジェクトを作成してみる

最後にテストプロジェクトを作成して、この記事をしめようとおもいます。

$ sudo cd /home/ec2-user
$ sudo mkdir pj_test
$ sudo cd pj_test
$ sudo rails new sample

エラーになるので、エラー内容に従いsqliteをgemでインストール。再トライ

$ sudo yum install sqlite-devel
$ sudo gem install sqlite3 -v '1.3.8'
$ sudo rails new sample

サーバを起動します

$ sudo rails server

「Could not find a JavaScript runtime. See https://github.com/sstephenson/execjs」というようなエラーがでるので、execjsとtherubyracerをインストールしようとする。
しかし、それもうまく行かず。どうやらまずはruby-irbのyumインストールが必要だったようだ。

$ sudo yum install ruby-irb
$ sudo gem install execjs
$ sudo gem install therubyracer

これでもうまくいかないのは、既にrailsでsample生成済みだからのよう。
既にディレクトリ内に生成されたGemfileに次のように手を加える

gem 'libv8'
gem 'execjs'
gem 'therubyracer', :platforms => :ruby

再度トライ

$ sudo rails server

下記のように表示されたらOK.

=> Booting WEBrick
=> Rails 3.2.13 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Call with -d to detach
=> Ctrl-C to shutdown server
[2013-11-20 06:25:59] INFO  WEBrick 1.3.1
[2013-11-20 06:25:59] INFO  ruby 1.8.7 (2013-06-27) [x86_64-linux]
[2013-11-20 06:25:59] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=4436 port=3000

感想

AWS,Ruby,gem,Railsと、はまりどころがたくさんでとっても大変でした!
少しでも参考になれば幸いです。(Apacheインストールは不要だったかな)

ページ:
1 2 3

4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP