Google Maps Android API v2 【Android TIPS】

この記事は2013年2月5日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


2012年12月、Google Play Serviceが刷新に伴いGoogleマップAPIもバージョンアップが行われGoogle Maps Android API v2となりました。
Google Maps Android API v2では、Android版アプリ「Google Maps」で提供されていた各種機能を自分のAndroidアプリケーションに実装できるようになっています。

 

主な機能は、2Dと3Dに対応したベクターベースのマップを利用や、簡単な動作で地図の傾斜や回転、主要空港やショッピングセンターといった建物のインドアマップなどがあります。

また、Fragmentをサポートしているため、タブレット端末のサポートや複数のパーツを組み合わせる等も可能になっています。

 

左から2Dマップ、3Dマップ、インドアマップ

図12図13図14

 

3Dマップについて紹介している公式HP

http://www.google.co.jp/intl/ja/mobile/maps/3d/

 

公式HPでは3Dマップを見ることのできるポイントを紹介しているのですが、関東周辺では以下の2か所のみのようです…

  • 都庁周辺
  • 横浜市役所周辺

 

では早速、サンプルアプリの作り方です。

バージョン1に比べ若干複雑になっていますので、まずは以下の通りに作ってみることをオススメします。

 

用意するもの

  • Android 2.2以上が搭載されているAndroid実機端末
  • 上記端末にGoogle Play Storeがインストールされていること

このようにエミュレーターでは実行することができなくなっています。ご注意を!

 

作成手順

手順は大きく3ステップに分けることができます。

  1. 「Google Maps Android API v2サービス」の有効化とAPIキーの入手
  2. 「Google Play Serviceライブラリ」のインストールおよびインポート
  3. Androidアプリの作成

 

1. 「Google Maps Android API v2サービス」の有効化とAPIキーの入手

1. ブラウザで以下のURL (Google APIs Console)にアクセスする。

https://code.google.com/apis/console

 

2. “Create project…”をクリックする。

図15

 

3. “Services”をクリックする。

図16

 

4. “All services”の中から”Google Maps Android API v2”のトグルボタンをクリックする。

図17

 

5. 利用許諾の条項に同意したら、”Accept”ボタンをクリックする。

6. “API Access”をクリックする

図18

 

7. “Create new Android Key…”をクリックする。

図19

8. キーストアのフィンガープリントのSHA1と、その後ろに”;”およびAndroidアプリケーションのパッケージ名を付け足したものを入力する。

バージョン1ではフィンガープリントのみでしたが、バージョン2からはパッケージ名を後ろにつける必要があります!

 

例)

XX:XX:XX:XX:XX:XX:XX;com.example.googlemapsandroidapiv2

図20

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP