PHP require文を用いた外部ファイルの読み込みについて 【初級編 第35回】

この記事は2012年12月13日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


file3.php

<?php
  require "read.html";
?>

read.html

<html>
  <head>
    <title>テストHTMLファイル</title>
    <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8">
  </head>
  <body>
    <p>これはread.html内のテストメッセージです。</p>
    <p>2行目です。</p>
  </body>
</html>

すると表示結果は以下のようになります。

以下では file4.php から read.txt ファイルを呼び出しています。

file4.php

<?php
  require "read.txt";
?>

read.txt

これはread.txt内に記述されたメッセージです。
2行目です。

すると表示結果は以下のようになります。
テキストを読み込んだ際にはHTMLのようにタグの情報が無いので改行されずに表示されています。

外部ファイルとの変数や関数の共有

また変数を渡したり、関数を渡したりすることができます。
以下では読み込み元ファイル file5.php で定義した変数を、読み込み先 file6.php で表示しています。

file5.php

<?php
  $hensuu = 10;
  require "file6.php";
?>

file6.php

<?php
  echo "file6.phpでechoしています。 $hensuu == $hensuu ";
?>

結果は以下のようになります。

require_once文

require_once文は requireのように外部ファイルを読み込むために使用します。
ただ異なるのは require の場合は一度読み込んだファイルも再読み込みできてしまうのですが、
require_once の場合は再読み込みしません。

require_once文の記述方法

require_once文も require文と同じように以下のように記述します。

require_once "パス/呼び出したいファイル名";

もしくは以下のように ()で括っても良いです。

require_once ('パス/呼び出したいファイル名');

以下では require_once で file7.php から file8.php の内容を読みだしています。

file7.php

<?php
  require_once "file8.php";
?>

file8.php

<?php
  echo "file8.phpに記載しているメッセージです。";
?>

結果は以下のようになります。

ページ:
1

2

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP