PHP 定数 【初級編 第20回】

この記事は2012年10月23日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


定数名のルール

定数名には変数名と同じようにルールがあります。
・数字から始まる定数名は使用できない
 1ban
200ko など

・大文字/小文字だけが異なっても別の定数と認識される。
 TEISUU
 teisuu
 これらは別の定数だと認識されます。

このように定数名のルールは、変数名とほとんど同じルールになります。
また定数には慣習的に大文字がよくつかわれています。

大文字/小文字を区別したくない場合

定数を定義する際に以下のようにすると

<?php
 define("TEISUU", "大文字小文字を区別する");
 echo teisuu;
?>

定数名が展開されません。大文字/小文字が区別されているということになります。
ブラウザ確認画像

通常は大文字/小文字は区別されますが、
以下のように define関数の第3引数に true を指定することで区別をさせなくすることができます。

<?php
 define("TEISUU", "大文字小文字を区別しない", true);
 echo teisuu;
?>

ブラウザ確認画像

結果は以下のようになります。
大文字で定義した定数名を小文字で指定して表示させることができました。

ちなみにデフォルトでは、defineの第3引数には falseが設定されているため、
大文字/小文字を区別する動作になっています。

今回はここまでで、次回からはPHPの演算子について記述していきたいと思います。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP