javaの開発環境を構築する Eclipse編 とっても簡単なjava 【初級編 第3回】

この記事は2012年9月27日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Eclipseの起動

展開が完了したら、展開フォルダの中身を確認してみましょう。

Eclipseフォルダを開けてみてください。
図の真ん中下にある、紫のアイコンの「eclipse.exe」をダブルクリックするとEclipseが起動します。

起動時にこの画面が表示された表示されたらOKをクリックしてください。
ここで指定しているのは、これから開発するプロジェクトの保存場所です。
※初めてEclipseを起動したときに、workspaseフォルダが作成されます。

確認

Eclipseが起動します。

workspaceフォルダをデフォルトのまま、起動した後は、図のようにworkspaceフォルダが追加されています。

以上で全て完了です。
これで準備は万全ですね。

次回からはいよいよプログラミングに入っていきます。
お楽しみに。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP