javaの開発環境を構築する とっても簡単なjava 【初級編 第2回】

この記事は2012年9月24日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


パソコンの設定(環境変数)

インストールしたJDKを使用するために、環境変数の設定が必要です。
このことを「パスを通す」といいますので、覚えてくださいね。

図のように、コンピュータを右クリックし、プロパティをクリックします。
システムの環境変数をクリックしてください。

  1. 表示されたダイアログの下部の、「環境変数」をクリックしてください。
  2. 新たなダイアログが表示されるので、下側の「システム環境変数」の「Path」をクリックし、編集ボタンを押します。
  3. 編集ダイアログが表示されたら、まず既存の内容をコピーし、テキストエディタ等にコピー&ペイストしてください。
  4. ※非常に重要な情報ですので、慣れていない場合は直接編集しないでくさい。壊れます。

  5. テキストエディタ上で、文字列の一番後ろに、;C:Program FilesJavajdk1.7.0_04bin;を追加してください。
  6. ※「;」は文と文を区切っています。ですから「;;」といったようにダブルにならないように注意してくださいね。

  7. 追加が終了したら、全体をコピーし、もとの編集ボックス内にペイストし、OKボタンをクリックします。
  8. 先ほどのダイアログに戻りますので、ここでもOKボタンをクリックし終了です。

これでパソコンの設定は完了です。
それでは設定が問題なく完了しているか確認しましょう。

設定の確認(コマンドプロンプト)

コマンドプロンプトを用いて確認をします。
「プログラムとファイルの検索」に「コマンドプロンプト」と入力してください。
図のようにコマンドプロンプトが表示されたら開いてください。

  • 図のように【javac -version】と入力し「Enterキー」をクリックしてください。
  • 図のように「javaa 1.7.0_07」のように表示されればOKです。
    ※なお、インストールした内容により数字は異なります。

  • 図のように【java -version】と入力し「Enterキー」をクリックしてください。
  • 図のように「java version “1.7.0_07” ・・・」のように表示されればOKです。

はい、お疲れ様でした。
これで開発環境の構築はOKです!
もうJavaできますよ!

ただその前に、次回(第3回)でEclipseをインストールします。
第4回からいよいよプログラミングに入っていきますので、お楽しみに!

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP