CalDAV / DAViCALの構築 Davicalの動作確認(3)

この記事は2012年9月20日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


ユーザーのアクセス有効期限

アクセス有効期限

(1)チケットの発行

作成したスケジュールやアドレス帳にチケットを発行することにより、有効期限をつけることができます。
発行の仕方は、以下の通りとなります。
作成したユーザーで[ユーザー名:]と[パスワード:]を入力し、[実行!]ボタンをクリックして、ログインをします。

ログインしたら、メニューの[ユーザー機能]-[自分の詳細を閲覧する]をクリックします。

今回は、MYカレンダーに対してチケットを発行してみます。以下のように設定します。
[Target]に[/yamada/my_calendar/]を入力。
[Expires]に[日付]を入力。(入力形式は、「YYYY-MM-DD」)
[権限]に[全て]をチェック。
一通り設定したら、[作成]ボタンをクリックし、チケットを発行します。

以上でチケットの発行は終わりです。
あとは、登録するアドレスは
・サブディレクトリ形式の場合は
http://サーバー名/davical/caldav.php/ユーザー名/my_calendar/?ticket=96E6jxA7

「=」のあとに発行されたチケットのIDを指定してください。
ソフトの使い方については、別の回にて掲載します。

ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP