Infra Engineer

ファイルシステムの管理~dumpe2fsコマンド・tune2fsコマンド~
2022.03.30
Lv1

ファイルシステムの管理~dumpe2fsコマンド・tune2fsコマンド~

本記事の対象者

LPIC level1習得を目指す初学者の方
コマンドの基本的な用途について、要点を絞って解説します。


今回の内容

今回は、dumpe2fsコマンドとtune2fsコマンドについて解説します。
前者はファイルシステムの管理情報を出力するコマンド、後者はファイルシステムのパラメータ設定に使用するコマンドです。

・dumpe2fsコマンド
・tune2fsコマンド
・まとめ
・確認問題

dumpe2fsコマンド

dumpe2fsコマンドは、「ext2」「ext3」「ext4」ファイルシステムの管理情報を出力するコマンドです。
(「dump」には「出力する」という意味があります)

dumpe2fs
意味 「ext2」「ext3」「ext4」ファイルシステムの空きファイル容量、空きノード数、ブロックサイズ等の情報を出力する。
書式 dumpe2fs [オプション] [デバイス名]

dumpe2fsコマンドの主なオプションは以下です。

オプション 説明
-h スーパーブロックの情報のみを出力する。
例①)
「/dev/sdb1」の管理情報を表示。
[root@localhost ~]# dumpe2fs /dev/sdb1
dumpe2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
Filesystem volume name:   <none>
Last mounted on:          <not available>
Filesystem UUID:          78e4a052-bbd7-4a48-b62c-68059b86e191
Filesystem magic number:  0xEF53
Filesystem revision #:    1 (dynamic)
Filesystem features:      ext_attr resize_inode dir_index filetype sparse_super large_file
Filesystem flags:         signed_directory_hash
Default mount options:    user_xattr acl
Filesystem state:         clean
Errors behavior:          Continue
Filesystem OS type:       Linux
Inode count:              524288
Block count:              2096896
Reserved block count:     104844
Free blocks:              2059377
Free inodes:              524277
First block:              0
Block size:               4096
Fragment size:            4096
Reserved GDT blocks:      511
Blocks per group:         32768
Fragments per group:      32768
Inodes per group:         8192
Inode blocks per group:   512
Filesystem created:       Sat Feb 26 13:41:06 2022
Last mount time:          n/a
Last write time:          Sat Feb 26 13:41:07 2022
Mount count:              0
Maximum mount count:      -1
Last checked:             Sat Feb 26 13:41:06 2022
Check interval:           0 (<none>)
Reserved blocks uid:      0 (user root)
Reserved blocks gid:      0 (group root)
First inode:              11
Inode size:               256
Required extra isize:     28
Desired extra isize:      28
Default directory hash:   half_md4
Directory Hash Seed:      1ef76c97-b2d9-4798-961d-09088aae983d


Group 0: (Blocks 0-32767)
  Primary superblock at 0, Group descriptors at 1-1
  Reserved GDT blocks at 2-512
  Block bitmap at 513 (+513), Inode bitmap at 514 (+514)
  Inode table at 515-1026 (+515)
  31735 free blocks, 8181 free inodes, 2 directories
  Free blocks: 1033-32767
  Free inodes: 12-8192
Group 1: (Blocks 32768-65535)
  Backup superblock at 32768, Group descriptors at 32769-32769
  Reserved GDT blocks at 32770-33280
  Block bitmap at 33281 (+513), Inode bitmap at 33282 (+514)
  Inode table at 33283-33794 (+515)
  31741 free blocks, 8192 free inodes, 0 directories
  Free blocks: 33795-65535
  Free inodes: 8193-16384

...(以下省略)
例②)
「/dev/sdb1」のスーパーブロック情報のみを表示。(-h)
[root@localhost ~]# dumpe2fs -h /dev/sdb1
dumpe2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
Filesystem volume name:   <none>
Last mounted on:          <not available>
Filesystem UUID:          78e4a052-bbd7-4a48-b62c-68059b86e191
Filesystem magic number:  0xEF53
Filesystem revision #:    1 (dynamic)
Filesystem features:      ext_attr resize_inode dir_index filetype sparse_super large_file
Filesystem flags:         signed_directory_hash
Default mount options:    user_xattr acl
Filesystem state:         clean
Errors behavior:          Continue
Filesystem OS type:       Linux
Inode count:              524288
Block count:              2096896
Reserved block count:     104844
Free blocks:              2059377
Free inodes:              524277
First block:              0
Block size:               4096
Fragment size:            4096
Reserved GDT blocks:      511
Blocks per group:         32768
Fragments per group:      32768
Inodes per group:         8192
Inode blocks per group:   512
Filesystem created:       Sat Feb 26 13:41:06 2022
Last mount time:          n/a
Last write time:          Sat Feb 26 13:41:07 2022
Mount count:              0
Maximum mount count:      -1
Last checked:             Sat Feb 26 13:41:06 2022
Check interval:           0 (<none>)
Reserved blocks uid:      0 (user root)
Reserved blocks gid:      0 (group root)
First inode:              11
Inode size:               256
Required extra isize:     28
Desired extra isize:      28
Default directory hash:   half_md4
Directory Hash Seed:      1ef76c97-b2d9-4798-961d-09088aae983d

「-h」オプションをつけると、スーパーブロックの情報のみを表示します。
スーパーブロックとはファイルシステムの空きファイル容量、空きノード数などの「メタデータ」のことです。
例①では、スーパーブロック情報だけでなく、ブロックグループ情報も出力されています。


tune2fsコマンド

tune2fsコマンドは、「ext2」「ext3」「ext4」ファイルシステムの様々なパラメータを設定します。
例えば、ファイルシステムを「ext2」から「ext3」に移行するなどです。

tne2fs
意味 フ「ext2」「ext3」「ext4」ファイルシステムのパラメータを設定する。
書式 tune2fs [オプション] [デバイス名]

tune2fsコマンドの主なオプションは以下です。

オプション 説明
-c 回数 チェックなしでマウントできる最大回数を指定する。
-i 時間 ファイルシステムをチェックする最大の時間間隔を指定する。
-j 「ext3」ジャーナル領域を「ext2」ファイルシステムに追加し、「ext3」ファイルシステムに移行する。
-L ファイルシステムのボリュームラベルを設定する。
-r 対話的に修復を実行する。
例①)
「/dev/sdb1」のボリュームラベルを「hdd」に設定。(-L)
[root@localhost ~]# tune2fs -L 'hdd' /dev/sdb1
tune2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)

ボリュームラベルとはドライブに自由に設定できる名前です。
USB接続ハードディスクなどは、デバイス名が変わることがあります。そのため、接続するたびにデバイス名を確認しなければなりません。
ドライブにボリュームラベルを付けることで、デバイス名の変化に影響されなくなります。

例②)
「/dev/sdb1」の「ext2」ファイルシステムを「ext3」に変更。(-j)
[root@localhost ~]# tune2fs -j /dev/sdb1
tune2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
Creating journal inode: done

まとめ

今回は、ファイルシステムの管理に関するコマンドについて解説しました。

最後に、確認問題で今回の内容を確かめてください。


確認問題

問題

「/dev/sda1」のext3ファイルシステムが起動中に、ファイルシステムチェックを実行するまでの日数を変更するコマンドは以下のうちどれか。

A) tune2fs –d 200 /dev/sda1
B) tune2fs –i 200 /dev/sda1
C) tune2fs –c 200 /dev/sda1
D) tune2fs –j 200 /dev/sda1

解答
答え:B

A) ⇒ このようなオプションはありません。
B) ⇒ 正解です。
C) ⇒ チェックなしでマウントできる最大回数を設定するオプションです。
D) ⇒ 「ext2」ファイルシステムを「ext3」ファイルシステムに移行するオプションです。