VNCサーバーをスーパーサーバー経由で自動起動させ接続時にディスプレイマネージャからユーザーを選択できるようにする


VNCサーバーをスーパーサーバー経由で自動起動させ接続時にディスプレイマネージャからユーザーを選択できるようにする】※修正版

1、xinetdをインストール

# yum install xinetd

2、サービスポートの設定

/etc/services に ポート
5950
の設定を追加

vi /etc/services

下記を追加(ポート番号順に記述されている為既存のポート番号に合わせて

適切な位置に追加する)

────────────────────────────────

vnc
5950/tcp
# VNC Server

────────────────────────────────

/etc/xinetd.dに下記ファイルを追加 (ファイル名はサービス名に対応させること)

────────────────────────────────

service vnc

{

socket_type = stream

wait = no

user = nobody

server = /usr/bin/Xvnc

server_args = -inetd -query localhost -once -geometry1024x768 -depth 16 –PasswordFile=/etc/vnc_password

log_on_failure += USERID

disable = no

}

────────────────────────────────

3、ディスプレイマネージャの設定を追加

/etc/gdm/custom.conf[daemon]セクションに下記を追加

vi /etc/gdm/custom.conf

────────────────────────────────

[daemon]

RemoteGreeter=/usr/libexec/gdmgreeter

────────────────────────────────

4、VNC接続用パスワードを設定

~/.vnc/passwdをコピーし

root 以外でも読み込みできるようにする

# cp ~/.vnc/passwd /etc/vnc_password

# chmod 644 /etc/vnc_password

5、xinetd を再起動

/etc/init.d/xinetd restart

xinetd を再起動し、VNC クライアントから
サーバ名:50 につなげば自動的に vncserver が起動し

ディスプレイマネージャからログインできる

※ログイン画面が出ない場合はリブートしてみる

 

正しく出来ていれば今s-ルカらのログイン時と同様ユーザー選択からのログインとなる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP