CentOS6.5でVNCを使う


【CentOS6.5でVNCを使う】※修正版

1、VNCパッケージのインストール

# yum -y install tigervnc-server

2、VNCサーバーを確認

# /etc/rc.d/init.d/vncserver status

3、vncservers の修正

vi /etc/sysconfig/vncservers

ファイルの末尾に下記を追加

────────────────────────────────

VNCSERVERS=”1:root”

VNCSERVERARGS[1]=”-geometry 1024×768
-nolisten tcp”

────────────────────────────────

4、rootでのログインを許可する

vi /etc/gdm/custom.conf

各セクションに下記を追加

────────────────────────────────

[security]

AllowRemoteRoot=true

[xdmcp]

Enable=true

────────────────────────────────

5、VNCパスワードの設定

vncpasswd

(入力したパスワードは画面上に表示されません)

6、起動と終了確認

サービス起動

/etc/rc.d/init.d/vncserver start

サービスの停止

/etc/rc.d/init.d/vncserver stop

※起動が確認出来たら停止しておく

(参考)

サービス再起動

/etc/rc.d/init.d/vncserver restart

7、ユーザvncサーバ設定ファイルを修正

vi ~/.vnc/xstartup

#!/bin/shの直下に下記を追加

────────────────────────────────

unset SESSION_MANAGER

exec /etc/X11/xinit/xinitrc

────────────────────────────────

8、ファイヤウォールの設定を変更

5900-5910 TCP の通過を許可する

(別記の自動起動を使う場合は 5950 TCP の通過も許可する)

CUIで行う場合】

vi /etc/sysconfig/iptables

────────────────────────────────

-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp
–dport 5900:5910 -j ACCEPT

-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp
–dport 5950 -j ACCEPT

────────────────────────────────

※「-A INPUT -j REJECT –reject-with
icmp-host-prohibited
」の前に入れる

ファイヤウォール設定反映の為リスタート

# /etc/rc.d/init.d/iptables restart

GUIで行う場合】

システム>管理>ファイヤーウォール を左クリック

ファイヤーウォールの設定ダイアログから「その他ポート」を選択し

ユーザー定義にチェックを入れポート範囲に5900-5910と入力しプロトコルTCPを選択し

OKボタンをクリック

編集が終わったら「適用」ボタンを押してからダイアログを閉じる

9、サービス起動

/etc/rc.d/init.d/vncserver start

起動時にポート番号が表示されるので覚えておく

(大抵1になるはず)

10、VNCクライアントから接続する

接続先 <サーバーのIPアドレス>:<ポート番号>

例:192.168.100.143:1

vncpasswd」で設定したパスワードを入力する

 

ここまで正しく出来ていればrootのデスクトップが表示されます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP