基本情報技術者試験 平成30年春 午前問9 解説


基本情報技術者試験 平成30年春 午前問9 解説

基本情報技術者試験午前の解説をしていきます。

図はプロセッサによってフェッチされた命令の格納順序を表している。aにあてはまるものはどれか。

ア アキュムレータ
イ データキャッシュ
ウ プログラムレジスタ(プログラムカウンタ)
エ 命令レジスタ

解答:エ
解説:
「命令」というのはプログラムで実装されたコンピュータに対する命令のことです。
プログラムは補助記憶装置に保存されていますが、動く際には一旦主記憶装置であるメモリにロードされます。
そしてメモリから命令を読みだしたプロセッサは、その内容を一旦「命令レジスタ」に格納します。
「レジスタ」というのは情報を格納しておく領域のことで、プロセッサの中には何種類かのレジスタがあります。
「プログラムレジスタ」は取り出す命令のメモリ上のアドレスを指し示す情報が格納されています。

レジスタに格納された後、デコーダによってその内容が解読され、
その後命令を実行するために必要なデータをメモリから取り出して、、というのがその後の流れになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP