基本情報技術者試験 平成30年春 午前問10 解説


基本情報技術者試験 平成30年春 午前問10 解説

基本情報技術者試験午前の解説をしていきます。

内部割込みに分類されるものはどれか。

ア 商用電源の瞬時停電などの電源異常による割込み
イ ゼロで除算を実行したことによる割込み
ウ 入出力が完了したことによる割込み
エ メモリパリティエラーが発生したことによる割込み

解答:イ
解説:
基本情報において「割込み」とは、何らかの要因によって実行中の処理を中断し、別の処理を実行することを言います。
「割込み」には実行中のプログラムから呼び出される「内部割込み」とハードウェアの状態に応じて発生する「外部割込み」があります。「内部割込み」の例として、プログラム実行中のゼロ除算エラーや、オーバーフローなどがあります。
「外部割込み」の例として、入出力終了時の割込みや、ハードウェアの故障やタイマー割込みがあります。
「イ」以外は外部割込みとなりますのでイが正解です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP