jQueryの基本(第1回)


■はじめに

jQueryを初めて学ぶ方、初心者の方を対象にしています。
jQueryの基礎である「セレクタ」、「メソッド」、「イベント」について解説していきます。

■前提知識

・HTMLとCSS
・JavaScriptも知っているとなお良いと思います。

■準備

CDN経由でjQueryファイルを読み込むことにします。
コードは下記urlから取得できます。
https://code.jquery.com/

ここでは下記コードを使用していきます。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>

■jQueryの概要

jQueryはJavaScriptのライブラリの1つで、JavaScriptをより容易に記述できるように設計されています。
基本的な構造は「セレクタ」、「メソッド」、「イベント」に分かれています。
以降の記事ではこの3項目の解説をテーマに取り上げていきます。

■jQueryの構造

今回は初めなので以下のコードを例に、「セレクタ」「メソッド」「イベント」について簡単に確認しておきます。

<!DOCTYPE html>
<html lang = "jp">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>jQueryの基本</title>
  <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
</head>

<body>

<h2>jQueryの基本(第1回)</h2>

<ul>
  <li>セレクタ</li>
  <li>メソッド</li>
  <li>イベント</li>
</ul>

<!--ここからjQueryを記述-->
<script>
$(function(){
  $('li').click(function() {
    $(this).css('color', 'red');
  });
});
</script>

</body>
</html>

「セレクタ」「メソッド」「イベント」の説明と上記コードの該当箇所は以下の通りです。
 ・セレクタ:命令の対象となる箇所を記述します。    (例では「$(‘li’)」や「$(this)」)
 ・メソッド:セレクタに対して実行する命令を記述します。(例では「css(‘color’, ‘red’)」)
 ・イベント:命令を実行するタイミングを指定します。  (例では「click()」)

上記を踏まえてこのコードを読むと、
「<li>」タグの付いた要素をクリックすると、クリックした「<li>」要素の文字色を赤色に変更する
という記述となっています。ブラウザで実行して「セレクタ」の箇所をクリックすると以下の様になります。

※なお、jQueryを記述する際には、以下のように「scriptタグ」の「function」の中に記述します。

<script>
$(function(){
  //この中に処理を記述
});
</script>

今回は簡単な例でセレクタ、メソッド、イベントを確認しました。
それぞれどういった働きをしているかのイメージさえ持てれば良いと思います。
次回以降はそれぞれの項目について順に見ていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP