基本情報技術者試験 平成30年春 午前問3 解説


基本情報技術者試験 平成30年春 午前問3 解説

基本情報技術者試験午前の解説をしていきます。

問3 AIにおけるディープラーニングの特徴はどれか。

ア ”AならばBである”というルールを人間があらかじめ設定して、新しい知識を論理式で表現したルールに基づく推論の結果として、解を求めるものである。
イ 厳密な解でなくてもなるべく正解に近い解を得るようにする方法であり、特定分野に特化せずに,広範囲で汎用的な問題解決ができるようにするものである。
ウ 人間の脳神経回路を模倣して、認識などの知識を実現する方法であり,ニューラルネットワークを用いて、人間と同じような認識ができるようにするものである。
エ 判断ルールを作成できる医療診断などの分野に限定されるが、症状から特定の病気に絞り込むといった、確率的に高い判断ができる。

解答:ウ
解説:
人間の脳神経を構成している「ニューロン」を数理学的に模倣したものを「ニューラルネットワーク」と呼びます。
このニューラルネットワークにより、コンピュータが自動で学習をしていくことが「ディープラーニング」です。
「AI(Artificial Intelligence)」は、このディープラーニングを用いることで、自ら学習していくことができるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP