【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】Part 6


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】Part 6

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回はEtherChannelやミラーリングなどこれまでの問題で紹介していなかったスイッチの機能について出題していきます。
こちらも重要な機能なので、しっかりと押さえておきましょう!

問題1

スイッチ上のトラフィックを同じスイッチ上の別ポートまたは複数のポートに複製することによって、トラフィックをモニタリングすることができる機能を以下の中から選択してください。

  1. SPAN
  2. traceroute
  3. IP SLA ICMP echo
  4. copy run start
問題1の解答と解説を表示

問題2

2台のスイッチ間でEtherChannelの設定がされています。次のモードの組み合わせのうち、正しくEtherchannelを組むことができる組み合わせはどれですか。

  1. Active – Auto
  2. Passive – Passive
  3. Active – Desirable
  4. Auto – Auto
  5. Desirable – Auto
問題2の解答と解説を表示

問題3


上記の構成について正しく述べられているものを以下の中から2つ選択してください。

  1. PC-EとPC-Fは同じデフォルトゲートウェイを使用する。
  2. Router1とSwitch2はクロスケーブルで接続する必要がある。
  3. PC-AとPC-Dの間で通信を行う際にRouter1は経由されない。
  4. 全てのPCが社内ネットワークと通信するにはRouter1のFa 0/0インターフェイスでサブインターフェイスの設定をする必要がある。
  5. すべてのVLANが通信できるようにするためにはRouter1により多くのLANインターフェイスが必要である。
  6. Router1のFa 0/0インターフェイスとSwitch2のFa 0/1インターフェイスは、同じカプセル化タイプを使用して設定する必要がある。
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP