composerコマンドのまとめ


composerコマンドのまとめ

composer関連でよく混乱することが多いので、まとめます。

composerとは

PHPのパッケージ管理システム(LinuxのYUMやAPTみたいなもの)のことでリポジトリは「Packagist」という。

composerのインストール方法

cd 任意のディレクトリ 
curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

これで上記のディレクトリにcomposer.pharファイルがDLされる。上記ディレクトリまでのパス指定でcomposerが実行できるようになる。
パスを通したければ、上記ディレクトリまでのパスを通すか、すでにパスの通っている/usr/local/binディレクトリに移動するかする。

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

composerコマンド

composerコマンドでプロジェクトを作成する。

自分で新規にプロジェクトを作成するときなどに使える。

composer create-project ベンダ/パッケージ --prefer-dist ディレクトリ

例:LaravelプロジェクトSAMPLEを作成する。

composer create-project laravel/laravel --prefer-dist SAMPLE

composerコマンドでライブラリをインストールする。

複数開発時などgit cloneで別メンバが作ったプログラムソースとcomposer.lockを入手したときに使う。

composer install

composer installは「composer.lock」がある場合は「composer.lock」に書かれているバージョンのライブラリをインストールする。
「composer.lock」がなく「composer.json」しかない場合は「composer.json」に書かれているバージョンのライブラリをインストールする。

composerコマンドでインストールしたいライブラリやそのバージョンを変更する

まず「composer.json」ファイルを以下のrequireを使うなり手動なりで変更してから使う。

composer update

composer updateは「composer.json」に書かれているバージョンのライブラリをインストールし、
「composer.json」の内容を「composer.lock」に反映する。

composer.jsonを更新する

手動で更新してもよいのですが、このコマンドを使った方が楽。

composer require ベンダ名/パッケージ名 バージョン

オプション「–dev」を付けると開発環境用。

composer自体のアップデート

composer self-update

composerによる本番と開発環境の区別

例えばPHPUnitなど、開発環境だけで使いたいライブラリは開発環境にだけインストールすればよい。
そのようなときには以下のcomposer.jsonの「require-dev」の方に記載をする。

~省略~
“require”: {

}
“require-dev”: {

}
~省略~

そして、「composer update –dev」で開発環境用
「composer update –no-dev」で本番環境用のupdateを行います。

以上となります。
他にも色々サブコマンドがあると思いますが、自分でよく使うものをまとめておきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP