【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】Part 2


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】Part 2

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回もスイッチの応用編です。今回はVLAN間ルーティングの問題をメインにして出題しています。

問題1

ホストAはホストBと通信できますが、ホストCまたはDでは通信できません。ネットワーク管理者はどのようにこの問題を解決できますか?

  1. ホストCとDを192.168.2.0ネットワーク内のIPアドレスで設定します。
  2. ルータを導入し、VLAN 2と3の間をルーティングするルートを設定します。
  3. 2番目のスイッチを導入し、ホストAとBを元のスイッチのままにして、そのスイッチにホストCとDを配置します。
  4. スイッチ上でVLANトランキングプロトコルを有効にする。
問題1の解答と解説を表示

問題2

ルータ上で複数のVLANをルーティングするためには、どの機能を使用しますか。

  1. IEEE 802.1X
  2. HSRP
  3. port channel
  4. router on a stick
問題2の解答と解説を表示

問題3

下のようなネットワークが構築されています。下記の構成について正しく述べられているものを以下の中から2つ選択してください

  1. PC-EとPC-Fは同じデフォルトゲートウェイを使用する。
  2. Router1とSwitch2はクロスケーブルで接続する必要がある。
  3. PC-AとPC-Dの間で通信を行う際にRouter1は経由されない。
  4. 全てのPCが社内ネットワークと通信するにはRouter1のFa 0/0インターフェイスでサブインターフェイスの設定をする必要がある。
  5. すべてのVLANが通信できるようにするためにはRouter1により多くのLANインターフェイスが必要である。
  6. Router1のFa 0/0インターフェイスとSwitch2のFa 0/1インターフェイスは、同じカプセル化タイプを使用して設定する必要がある。
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP