【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】part 1


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】part 1

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回からはスイッチに関する応用的な問題を出題しています。今回はVLANをメインにしています。
VLANはよく使われる技術ですので、しっかりと理解しておきましょう!

問題1

あるスイッチには48のポートと4つのVLANがあります。このスイッチ上に存在する衝突ドメインとブロードキャストドメインの数はいくつですか。(衝突、ブロードキャストの順です)

  1. 4,48
  2. 48,4
  3. 1,48
  4. 48,1
  5. 4,1
  6. 1,4
問題1の解答と解説を表示

問題2

接続されたトランクポートでは、VLANトラフィックにタグを付けるためにどの方法を使用しますか.。

  1. IEEE 802.1w
  2. IEEE 802.1D
  3. IEEE 802.1Q
  4. IEEE 802.1p
問題2の解答と解説を表示

問題3

ホストAからルータRT-Aを介してSW-Aまでコネクションを確立するには、何を設定する必要がありますか?

  1. RT-AでVLAN1の設定をする
  2. SW-AでIPルーティングの設定をする
  3. SW-Aにデフォルトゲートウェイの設定をする
  4. SW-AとRT-Aをクロスケーブルで接続する
問題3の解答と解説を表示

問題4

ネイティブVLANトラフィックについて正しい記述はどれですか。

  1. Cisco Discovery Protocolトラフィックは、デフォルトではネイティブVLAN上を移動します。
  2. ネイティブVLAN上のトラフィックには、デフォルトでは1のタグが付けられます
  3. コントロールプレーンのトラフィックは、ネイティブVLANでブロックされます。
  4. ネイティブVLANは通常、セキュリティ上の理由で無効になります
問題4の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP