【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【NAT編】Part 2


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【NAT編】Part 2

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回もNATに関する問題です。
NATの設定コマンドに関する問題をメインに作成しています。
ICND1ではシミュレーション問題でも出題される範囲ですのでコマンドもしっかりと覚えましょう!

問題1

次のNATのコマンドのうち、インターフェイスに適用することができるのはどれですか。

  1. ip nat inside
  2. ip nat inside test access-list pool pool-name
  3. ip nat inside source static 10.10.10.0 10.10.10.50
  4. ip nat pool test 10.10.10.0 10.10.10.50 255.255.255.0
問題1の解答と解説を表示

問題2

次のコマンドでルータを設定した場合、ダイナミックNAT変換に使用できるアドレスの数はいくつですか?
Router(config)#ip nat pool TAME 209.165.201.23 209.165.201.30 netmask 255.255.255.224
Router(config)#ip nat inside source list 9 pool TAME

  1. 7
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 24
  6. 32
問題2の解答と解説を表示

問題3

ルータが内部アドレスを外部アドレスに変換した回数を表示するためには次のどのコマンドを実行しますか。

  1. show ip protocols
  2. show ip nat transration
  3. show counters
  4. show ip route
  5. show ip nat statistics
問題3の解答と解説を表示

,.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP