【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【NAT編】Part 1


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【NAT編】Part 1

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回はNATに関する問題を出題します。
NATはインターネットに接続するために必須の技術であり、試験にもよく出題されます!

問題1

1つの内部アドレスを固定された1つの外部アドレスに変換するためにはどのNATタイプを使用しますか。

  1. ダイナミックNAT
  2. NATオーバーロード
  3. スタティックNAT
  4. NAPT
問題1の解答と解説を表示

問題2

どの技術を使用すれば、多数のプライベートIPアドレスをより少ないパブリックIPアドレス数で表すことができますか?

  1. PAT
  2. NTP
  3. RFC1631
  4. RFC1918
問題2の解答と解説を表示

問題3

NATの設定では、「Inside Global」アドレスは何を表していますか?

  1. 内部サブネット化されたアドレスのすべての集約されたアドレス
  2. 内部ホストがインターネットに接続するために使用するルータのMACアドレス
  3. 内部ネットワークのホストに割り当てられたグローバルに一意のプライベートIPアドレス
  4. 内部ホストが外部ネットワークへ接続するために使用するルータのIPアドレス
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP