Windows Server 2016 で SNMPサービスを有効にする


Windows Server 2016 で SNMPサービスを有効にする

1.はじめに

「Windows Server 2016」の評価版を「VirtualBox」にインストールして使ってみています。
今回はSNMPサービスの有効化の手順をまとめます。

2.SNMP有効化手順

まずサーバーマネージャを起動します(ログインすると自動で起動する)。

役割と機能の追加をクリックします。

役割と機能の追加ウィザードが立ち上がるので、「次へ」をクリックします。

インストールの種類の選択ができるので
「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。

対象サーバーの選択ができるので
「サーバープールからサーバーを選択」を選択し、「次へ」をクリックします。
(サーバープールに複数のサーバがある場合は適宜選択します。今回は1つ)

サーバーの役割の選択画面が表示されます。「次へ」をクリックします。


機能の選択画面が表示されます。

「SNMPサービス」を探しチェックをつけ、「次へ」をクリックします。

必要な機能を追加するか問われるので、「機能の追加」をクリックします。

インストールオプションの確認が表示されるので、「インストール」をクリックします。
(必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動するにチェックをつけても構いません)

インストールが行われ、完了したら「閉じる」をクリックします。

以上でインストールが完了です。

3.SNMPの設定

サーバマネージャの「ツール」から「サービス」を選択しクリックします。

サービスの一覧が表示されるので、「SNMP Service」を探し、
右クリックして「プロパティ」をクリックします。

トラップやコミュニティの設定が行えます。

以上でWindowsServer2016にSNMPサービスを有効にする手順の終了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP