Windows Server 2016 を VirtualBox にインストール


Windows Server 2016 を VirtualBox にインストール

1.はじめに

「Windows Server 2016」の評価版を「VirtualBox」にインストールしてみましたので、手順を簡単にまとめておきます。
評価版の使用可能期間は180日のようです。

Windows Server 2016のエディションにはStandardとDataCenterの2つがあり、どちらも試すことが可能です。
今回はStandard版で試すことにしました。

2.ダウンロード

以下のURLから評価版をダウンロードできます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-server-2016

評価ファイルタイプは「ISO」を選択し、

必要事項を入力し、

言語を指定してダウンロード

ダウンロードできたらインストール手順に進みます。

3.インストール

VirtualBoxを起動し、「新規」を選択。
ダウンロードしたISOイメージを指定して「起動」すればインストールが開始します。
WindowsServerのエディションを選べるので今回は「Standard」を選択します。

それほど時間もかからずインストールできます。

4.起動

起動してみましょう。


Windows10のような画面が立ち上がればOKです。

VirtualBox内では「Ctrl-Alt-Del」を入力できないので、
上部メニューの「入力」から「キーボード>送信 Ctrl-Alt-Del」を指定してください。
そうするとログインフォームが表示されます。

Administratorのパスワードを入力してログインしてみましょう。
デスクトップが表示されてからしばらく待つと、以下のように「サーバマネージャ」が表示されます。

これでVirtualBox上でWindows Server 2016が使えるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP