Windows Server 2016 で 役割と機能の一覧を確認する


Windows Server 2016 で 役割と機能の一覧を確認する

1.はじめに

「Windows Server 2016」の評価版を「VirtualBox」にインストールして使ってみています。
今回は役割と機能の一覧を確認する方法をまとめます。

2.PowerShellを起動する

役割と機能の一覧はサーバーマネージャーで追加と削除を行うことができ、
そこで確認することも可能ですが、PowerShellのコマンドで確認することも可能です。
今回はその方法を試してみます。

まずサーバーマネージャーのツールから「PowerShell」を選択します。

PowerShellが立ち上がります。

3.コマンドを実行する

役割と機能の一覧を確認するコマンドは「Get-WindowsFeature」です。
上記コマンドを実行すると役割と機能の一覧が確認できます。

「X」のついている項目がインストールされているものです。

実行結果をファイルに出力したいときには「Get-WindowsFeature | Out-File -FilePath C:WindowsFeatureList.txt」のようにして、Out-Fileにパイプでつないで出力します。

役割と機能の区切りが分かりづらいですが、これで一覧が確認できるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP