ExcelVBA練習問題② ~VBEを用いた基本的な操作~


前提知識

参考リンク

※変数の概要
ExcelVBAを1から学ぶ! #4 ~変数って何?~
http://tech.pjin.jp/blog/2017/04/15/vba-whatis-variable/

※データ型の概要
ExcelVBAを1から学ぶ! #5 ~データ型について~
http://tech.pjin.jp/blog/2017/05/08/vba-about-datatypes/

問題

①VBEを操作し、標準モジュールを追加してください。

②①で追加した標準モジュールにSubプロシージャpractice2を作成してください。

③②のプロシージャ内で変数orgvalをデータ型Stringで定義し、セルD2の値を変数に格納してください。

ExcelVBAWork_2

※今回使用するExcelシートをダウンロードできます。ご使用は自己責任でお願い致します。

解答・解説

①VBEを操作し、標準モジュールを追加する

まずはVBEを開かなければなりません。VBEは、

ⅰ) [開発]タブ → Visual Basic
ⅱ) Alt + F11

のどちらかで開くことができます。

VBEを開いたら、標準モジュールを追加します。

ⅰ) 上部メニューの挿入 → 標準モジュール
ⅱ) プロジェクトエクスプローラの任意の場所を右クリックし、挿入 → 標準モジュール

のどちらかで標準モジュールの追加を行ってください。プロジェクトエクスプローラとは下図の赤枠の部分です。

②追加した標準モジュールにSubプロシージャpractice2を作成する

追加された標準モジュールに記述をしていきます。追加したタイミングで、画面右側にエディタ画面が開いたはずなので、そこに記述をしていけばOKです。誤って閉じてしまった場合には、プロジェクトエクスプローラより標準モジュールの中にあるModule1を選択してください。

Subプロシージャの定義方法

Sub [Subプロシージャ名] ()

  ~処理内容を記述~

End Sub

実際には、Sub [Subプロシージャ名]まで入力してEnterキーを押下すれば自動的に補完されるはずです。

今回の場合ならこのようになります。

③Subプロシージャ内で変数orgvalをデータ型Stringで定義し、セルD2の値を変数に格納する

上記のSubプロシージャ内の処理内容として記述を行います。まずは変数の定義からです。

■変数の定義方法
Dim [変数名] As [データ型]

今回の場合なら、
Dim orgval As String
です。

次に、定義した変数にセルD2の値を格納します。

■変数への値の格納方法
[変数名] = [値]

セルD2の値を格納したいので、
orgval = Range(“D2”).Value

となります。実際には、RangeではなくCellsを使うとか、.Valueは省略できるとか色々あるのですが、今回は説明を割愛します。(今後の連載でやっていくと思われます。)

これで今回の操作は完了です。変数に格納された値をメッセージボックスに表示して確認しましょう。

上図のように、Msgbox orgvalと最後に記述してF5キーを押下してください。メッセージボックスに東京都と表示されれば成功です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP